路地の花・・・タツナミソウ

急に春らしくなった。Yamyam町の家々の垣根からも花が
こぼれ出ている
c0128628_991297.jpg

路地の縁石の隙間から顔を出した、タツナミソウ
さざ波が押し寄せているような姿をうまく表現している。
立浪草(シソ科 Sutellaria indica)
c0128628_9102683.jpg

白い種類もあった。 ↑
c0128628_9105953.jpg

これは、アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)という優雅な
お名前(ムラサキ科 Oenothera rosea )
南米からの外来種で、明治年間に日本に来たそうだ。
c0128628_9115835.jpg

こちらは、アメリカでよく見かけた同じくムラサキ科の
プルモナリア(Pulmonaria sp. 英語名: Lungworts)
花の色がピンクや赤紫、紫など少しずつ違っているのが
面白い。

テレビで新型インフルエンザのニュースを報じている。
四月の半ばに米国から帰国したTamayam2だが、時期が
ちょっとズレたら大変だった。このごろは、飛行機で
どこでも簡単に行けるようになったが、病気の拡がる
スピードも速い。
ゴールデンウィークに旅行を取りやめざるを得なくなった方、
検疫関係で休日返上の方もあるだろう。
早くこの騒ぎが収束すればいいと思う。
[PR]
by tamayam2 | 2009-05-01 09:13 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by 寧夢 at 2009-05-01 16:39 x
本当に新型インフルエンザと遭遇しなくて良かったです。

こちらは急に暑くなり、急に寒くなり、急に暑くなりに付いていけず、すっかり風邪を引き込んでいます。コントロールが上手くできなくて・・・。
さて、連休は家族サービスに頑張らなくては。(昨年家族キャンプの予定なのに入院しちゃったからね。)

tamayam2さんも、よい連休をお楽しみください!
Commented by nenemu8921 at 2009-05-03 23:58
tamayamさん、こんばんわ。
タツナミソウはとても好きで、下ノ畑のそこかしこに今も咲いています。
アカバナユウゲショウも良く見かけますが、プルモナリアは初めて拝見しました。
新型インフルエンザは気になりますね。
姿の見えないもののために、日常生活を停止して待機するというのもなかなか出来ませんしね。
本当に早くこの騒ぎが収束して欲しいですね。


Commented by tamayam2 at 2009-05-06 06:28
▲寧夢さん、
かあちゃん休養、かぞくはお山。そういう連休もあっていいわ。
私も混んでいるときには、でかけないことにしています。大型連休
とTVが言っていますが、全国一斉に同じ日に休まないように
できないものだろうか・・・なんで考えたり。いつでも一週間ぐらい
気兼ねなく仕事が休めればいいのよね。東京は、今日は雨で
涼しいですよ。御大事に。
Commented by tamayam2 at 2009-05-06 06:36
▲ nenemu8921さん、
春は、路地咲く雑草にも目が離せません。どこか山のほうへ
出かけたいですが、混雑をさけて蟄居しています。お宅のBlog
に登場したヒキガエルと同じような種類のものがウチの庭のどこか
にヌシのように住んでいます。今年は、まだ見ないけど・・・。
明日から日常の生活に戻りますね。ホッ!
<< タミフルの原材料、トウシキミ 御苑の花木 >>