御苑の花木

Blog「季節の窓」で美しい植物の写真を見せてくださる
namiheiiiさんのところで、いま、ハンカチの木が東京
でも見られることを知った。
ケルンやベルリンの植物園の大木を思い出して、日本の
ハンカチの木が見たくなった。もともと中国産のこの木は
白いハンカチが干してあるような独特な景観をつくる。

午後、ちょっと時間を見つけて新宿御苑まで足を運んだ。
c0128628_9522156.jpg

上が、御苑のハンカチの木(オオギリ科)
c0128628_9525943.jpg

その近くの母と子の森では、ホソバオオアマナ(ユリ科)
が群生していた。
c0128628_9533796.jpg

薄紫の花は、距(きょ)があり、鳥のようだと思ったら、
セリバヒエンソウ(芹葉 飛燕草 キンポウゲ科)
 ああ、なるほど!
c0128628_95431.jpg

池のそばで見かけたこの木は、名がよくわからない。白い花の
内部が赤く色づいている。何の花だろうか。トチの木の
そばにあって、かなりの大木だった。
c0128628_955245.jpg

イギリス庭園のほうでは、大イチョウの木の下に雄花が
びっしり落ちていた。写真は、イチョウの雄花。
c0128628_956133.jpg

その近くでユリの木(モクレン科)の木立に花が咲いていた。
別名チューリップの木とも半纏(はんてん)の木とも言われる。
チューリップは、花の形から、半纏は葉の形から来た連想。
秋になるとすばらしい黄葉が見られるはず。

c0128628_9564055.jpg

大木戸門のゲートの脇には、ハクウンボク(エゴノキ科 白雲木)
が白いつぼみをいっぱいつけていた。数週間でまっ白の花が
雲のようにたなびくことだろう。
by tamayam2 | 2009-04-25 09:57 | 日々のできごと | Comments(7)
Commented by aamui at 2009-04-25 19:19
楽花苑煮ハンカチの木が植えてあるのだけれど ちょっと違う気がする
花が咲いたら見ていただこうかな・・・
Commented by tamayam2 at 2009-04-26 14:36
♪ aamuiさん、
楽花苑は、百花園のことかな。今日は久しぶりの晴天。あちこち
でいろいろな花が見られそう。私は、ヤボ用で外出できまっしぇん。
残念!
Commented by nenemu8921 at 2009-04-26 22:45
こんばんわ。樹木の花はユニークでいいですね。
ハクウンボク、見たいなあ。(^^♪
咲いたら見事でしょうね。
ユリノキは高いでしょう。よく花をキャッチできましたね。

Commented by nenemu8921 at 2009-04-27 19:10
tamayamさん。イチョウの雄花、UPしました。
TBさせていただきました。
Commented by tamayam2 at 2009-04-28 10:22
♪  nenemu8921さん、
イチョウの雄花のTBありがとうございました。樹木の目立たない花
はなかなか捉えがたく、タイミングが大事ですね。御苑の大木は、
枝が下がっていましたので、撮影できました。ユリの木は、大変
高い位置にありましたが、望遠レンズのお蔭でなんとかキャッチ。
樹木の雄雄しさと健気さは、また格別ですね。共感できる友人が
いてうれしいことです。
Commented by aamui at 2009-04-28 19:19
tamayasmさん 楽花苑は私が市からお借りしている花壇です 百花苑はまだ行ったことありません 葛西臨海公園にいらしたら連絡してね
Commented by tamayam2 at 2009-05-01 09:18
♪ aamuiさん、
ああ、市から花壇をお借りしていらっしゃるのね。それは、いいこと!
休みのときに葛西へ行きたいと思いますが・・・混んでいるだろうと
思うとびびっちゃいます。やっぱり、week dayにしましょう。金曜
は aamuiさんの陶芸のお稽古でしたね。その日を避けて。。。
<< 路地の花・・・タツナミソウ 【DC-4】生きたチョウの展示会 >>