ワシントンDCにて 【DC-1】

3日にこちらに来て、孫の世話にまごまごしているうちに
もう帰国の日が明日に迫りました。2歳にならない子供と
生後2か月の子供を抱えた家庭は、戦場のようないそがしさ。

それでも、子供の生き生きとした表情に心躍り、子供が笑えば、
一瞬にして諸々の苦労が報いられる気がします。
c0128628_11542961.jpg

5日、受難週の日曜日、近所のメリーランド州、Kenwoodという
住宅街に樹齢100年近くになる桜並木を見に行きました。
ワシントンと言えば、桜、ポトマック川沿いの桜並木が有名です。
1912年に日本から贈られた桜の話は、町のだれでもが知っていて
12日までSakura Matsuriが行われていました。
c0128628_11543191.jpg

ある一日、キャピトル(国会議事堂)の門前の植物園へ出かけました。
スミソニアン博物館群は受難週、復活祭中も無休で、入場料は無料。
植物園では、無料なのが申し訳けないほど充実したコレクションを
堪能することができました。創立は、1820年(江戸、文政2年)と
いうことですから、米国にしては、歴史的に古い植物園です。
c0128628_11552591.jpg

娘の家の庭や道端に自生しているスミレの種類の多さに感動し、
いちいちしゃがみこんで撮影していましたら、これは、この辺では、
雑草だと言われました。
c0128628_11561044.jpg

アメリカインディアン博物館の脇でサンザシの花と実がなっている
のを面白く思って撮影していたら、ファインダーに一瞬、珍客が写り、
あっという間に視界から消えて行きました。
c0128628_11565920.jpg

リスや、小鳥が我がもの顔で歩いています。
アメリカの首都だというのに、至るところに自然が残されていること
に感動せずにはおれません。この都市を訪れるのは、6回めなので、
特に観光めぐりはしませんでしたが、娘の家族のためにせっせと
ご飯作りをしたり、孫と遊んで楽しみました。

明日、16日帰国します。
by tamayam2 | 2009-04-15 11:58 | たび | Comments(12)
Commented by あんず at 2009-04-15 19:34 x
今時分は、機内でしょうか。 それとも、もう到着されましたか・・・

戦場のようないそがしさ にもかかわらず、わたし、画像を拝見して、なんだか
のんびりとした気分になってしまいました。
桜もチューリップも(ぐるぐる剪定の木が面白いですね)スミレも赤い実も
そして、リスも。。。全てが今のわたしの周りにはないものばかりで、
やはり人はこうした風景に囲まれていると、穏やかな気分になれるだろうな
なんて考えてしまいました。

お嬢様ご夫妻もお孫さんたちも、今頃、寂しいよって感じているでしょうね。
それは、tamayamさんも同じでしょうか。


Commented by kanmyougama at 2009-04-15 22:02
お孫さんの相手をしたり街を散策したり・・・。
忙しいtamayam2さんですがうれしいことでもありますね。
もう帰って見えるときですか・・・。
ワシントンのサクラしか知りません・・・。
ケンウッドんさkらも歴史がありますね。
Commented by 寧夢 at 2009-04-15 22:05 x
アメリカにはたった一度だけの旅行、NYしか知りませんが、本当に自然がたくさん残っていて、公園ではリスが走り回っていました。この写真を見て懐かしく思い出しました。
 ご家族との再会、Sakura Maturi 素敵な春の旅でしたね。お気をつけてご帰国ください。
Commented by asako at 2009-04-17 00:16 x
おかえりなさ~い。ブログの通信、楽しみにしています。ワシントンDC、なんだか、アメリカのイメージが変わります。きれいで、落ち着いていますね。
Commented at 2009-04-17 07:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2009-04-17 11:52
あんずさん、私たち、もう4年以上のBlog仲間ですから家庭の
事情もご存知ですね。娘は2005年に結婚して、2007年と今年、
女の子が生まれたので、家庭の人口が、4年間に倍増したという
わけです。その上、仕事を持っているので、お手伝いの確保も
大変。本来なら私どもが面倒を見たらいいのでしょうが・・・・そういう
わけにも行かず・・・。でも若いときって、何でもやれちゃうんですね。
少々無謀な子育てですが、永久に続くわけじゃなし、エイッと気合で
乗り切るしかないです。どんな子も親に手をかけてもらって大きく
なるのですから・・・。あんずさんの今の生活には、こういう風物は
見られないでしょうが、また別の光景が見られますね。この前の
車から見た定点撮影のような日常のフツーの光景は、貴重な記録
(文化人類学的な記録)です。
Commented by tamayam2 at 2009-04-17 11:57
♪ kanmyougamaさん、
お宅のように、自宅を開放し、そこへ子どもたちを招き遊べるような日
がいつか来るでしょうか。それには、言葉の壁もありますし・・・問題
がありますが、楽しみに待ちます。今回別に教えたわけではありません
が、2歳にならない子が、「おいしい」と 「ちょっと まって」 という二語を
覚えました。うれしかったです。
Commented by tamayam2 at 2009-04-17 12:10
♪ 寧夢さん、
NYにも町のド真ん中にセントラルパークがあるし、都会でも
リスが飛び回っていますね。Tamayam2流冷めた言い方ですが、
リスは、齧歯類(げっしるい)でネズミとおんなじ仲間。噛まれたら
怖いし、バイキンもありそうですから近づかないほうがいいですが、
やはり仕草がカワイイですね~。(でれっとしちゃう)
Commented by tamayam2 at 2009-04-17 12:17
♪ asakoさん、
アメリカの町は、なにもかもデッカク、無駄なスペースがあるので、
私のような雑草watcherには、好都合です。しかし、やはり不況の
空気なあちこちにただよっており、カラード(有色人種)が社会の中で
這い上がっていくのは、相当な覚悟と根性がないと・・・と感じました。
ドルがやや高くなり、1ドル=100円と換算すればよく、計算の弱い
私には便利でしたが、ちょっとスーパーで買い物をすると、ドル札が
ポンポン飛んでいくので、日常の物価はかなり高いと感じましたよ。
Commented by tamayam2 at 2009-04-17 12:24
♪ カギコメさん、
ああ、DCのそばに昔おられたことがあるのですね。
ここでは、日本人はたいてい、政府関係者、学生、医療関係者
かな。日本食の食材を求めに、だるま屋やひなた に出かけました。
ちょっとしたものがベラボウに高価でしたので、できるだけ買わない
ように、地元の材料で日本的なごはんを作るのにクローしちゃった。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-17 17:48
tamayamさん。お帰りなさい。
最近はお孫さんのお守もインターナショナルレベルですね。(^^♪
でも、楽しい体験でしょう。
植物体験レポートも楽しみにしていますよ。
サンザシの花は見たことありますか?
Commented by tamayam2 at 2009-04-17 23:23
♪  nenemu8921さん、
孫のお守りをしてあげられればいいのですが、やはり米国式育児に
は慣れず、安全を見守るぐらいしかできません。植物に関して言えば、
大変excitingな見聞があり、それは、後ほど。サンザシは、ドイツでは
街路樹になっていたり、大変ポピュラーな木です。今回は、花の開花
には早かったようです。桜、杏、プラム、姫リンゴなどのバラ科の
花が次々に咲き、どれがどれだか・・・???
<< [ワシントンDC-2] 空港、... 孫の顔を見に米国へ >>