今日の切手(10):丑年の切手

2003年も、すでに三月が過ぎようとしています。
少し古い話題ですが・・・。
下は、今年2009年のお年玉年賀切手です。
c0128628_651542.jpg

当たりましたか?
(わが家では、昨年同様50枚に1シートの当選率でした。)

過去の丑年の切手は?と古い切手帳をさがしましたら、2枚
見つかりました。48年前と24年前。
c0128628_6522574.jpg

1) 1961年 (昭和36年)[写真 左]

このBlogの読者の半数は、まだ生まれていらっしゃらない
のでしょう。
当時、封書は、10円、葉書は、5円だったそうです。
今どき、5円で買えるものがあるでしょうか。

マイカー時代に入ったのは、この年。
マイホーム、マイバッグ、マイ箸・・・このマイという接頭語は、
今でも健在ですね。りっぱな日本語です!

2007年帰国直後、私はK百貨店で小さい買い物をしました。
「袋は要りません」と断ると、店員が「マイバッグ・ポイント
をお付けします」と言う。彼女がしきりに「マイバッグ」という
言葉をくりかえすものだから、この百貨店のシステムがよく
のみ込めない私は、店員の点かせぎのお手伝いを頼まれたのかと
勘違いした。
彼女が「お客様のポイント」と言いたいのなら、your bagと言う
べきだと思ったのです。(汗)
当時すでに「マイバッグ」という和製英語が、日本的な意味合いで
しっかり流通していたわけです。
(こういう語彙は、英語がわかる外国人には、むしろ難解なもの
です。)


ワンマンカーという言葉もこの年に出来ました。東急バスがはじめて
車掌なしのバスを運行させたのだそうです。私のイメージから言うと、
ワンマンとは、唯我独尊のふるまいをする社長とか、過去の宰相、
吉田茂などのイメージでした・・・。この和製英語は、文字通り、
乗務員は一人だけという意味です。

2) 1985年 (昭和60年)[写真 右]
封書は、60円、葉書は40円。
(少し現在に近づいてきました)
このころは、わが家には、携帯電話もコンピュータもありません
でしたから、通信手段は、電話と郵便だけでした。

私は、キャノンのワープロを購入し、ワープロで文書を書き始め
ました。ワープロと言ったって、PCに組み込まれたMicrosoft Word
ではなく、箱型のやけに大きい器械でした。フロッピーディスクは、
CDほどのサイズの厚紙で作られた代物。
ワープロを学習しているときに、初期化、削除、上書き保存など、
今では当たり前になっている言葉の意味を覚えたものです。当時は
それが、何を意味するのかわからず、失敗しては大騒ぎしました。
それから、マッキントッシュのパソコンを買って・・・それをウィンドウズに
買い換えて、今のパソコンで何台めになるでしょうか。
どこの家にもプリンターがあって、年賀状など、家で印刷できるように
なるとは、その当時は、夢にも思わなかったことです。

♪[上を向いて歩こう]が、ヒットしたのが、1961年
それを歌った坂本 九が日航ジャンボ機の事故で亡くなった
のが、24年後のこの年でした。海外の居酒屋で、日本人の姿
を見れば、楽団が♪「上を向いてあるこう」を演奏してくれた
ものです。今では、何が演奏されるのでしょうね。
[PR]
by tamayam2 | 2009-03-28 06:56 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by echoes06 at 2009-03-28 22:04
こんばんは。
そういや、年賀はがきの確認まだしてないことに気づきました。
確か引き換え期間は7月まででしたよね。
明日にでも確認してみよ~っと(当たってるかな?)
Commented by tamayam2 at 2009-03-29 06:54
◆ echoes06さん、初めまして。
大阪の歓楽地の写真には感心しました。ほんと、役人が思いつきで
こういう事業に乗り出し、廃れてしまった跡地は悲しいもの。色や形を
切り取り方がすばらしいと思いました。ちくりんさんの写真も拝見し
ました。デジタルカメラのおかげで人生、楽しくなりそう!今後とも
どうぞよろしく!
Commented by あんず at 2009-03-31 19:34 x
時代が変わっても、絵柄は「赤べこ」なのが面白いです。

母などは「マイカーで行く」って言うんですけど、わたしはマイカーって、使うの恥ずかしい。。。
死語の世界のようで(笑)

ミュンヘンのホーフブロイハウスに行ったときは「さくら さくら」でした。
Commented by tamayam2 at 2009-03-31 23:54
◆あんずさん、
ほんとうにね。丑と言えば、赤べこのイメージなのでしょうね。
他の国の牛の切手を探してみましたら、たいてい水牛の逞しい姿
でした。労働力としての牛の存在が真っ先にイメージされるのでしょう。

マイホームとか、マイカーとは、なかなか気恥ずかしくて言えません
ね。どうしてなのでしょうね。ウチの主人、ウチの息子などと、ウチの
というような意味なんでしょうか。Myは日本人にとっても好かれて
いる外国語です。お宅の”エビダモン”のお話、抱腹絶倒しました。
<< 田貫湖の富士山 雑草に見えたけど・・・ >>