雑草に見えたけど・・・

景気の悪いニュースが多い中で、☆√サムライ・ジャパン☆√
が優勝して、よかったですね! 久々に歓声をあげました。
(Tamayam2は、一度も使ったことがない顔文字を学習中・・・)
c0128628_1658317.jpg


さて、先週行った小石川植物園で、いつも気になって
しかたがない“雑草”がありました。葉っぱがツヤツヤして、
サラダにして食べたい感じがしますし、かなり群生しているの
ですが、他の雑草とともに抜き取られることもなく、元気が
よいのです。もう、一年以上正体がわからなかったのですが、
やっと名前がわかりました。
(なかなか取れないトゲが抜けたような気分♪~)
c0128628_16583289.jpg

ヤマアイ(山藍 トウダイグサ科 Mercurialis leiocarpa)
万葉集(高橋虫麻呂の長歌)にも歌われていて、日本最古の藍だ
そうです。藍染めの原料には、いろいろあるようですが、
これもその一つなのでしょう。ジーンズでおなじみ
のインディゴブルーも元々は、植物で染めるのですね。
植物園の人は、正体を知っているので、きっと刈らずに
そっと保護しているのでしょう。やさしさを感じます。

都内の路傍でみかけたことがありません。

c0128628_16592668.jpg

もう一叢、な~んとなく刈り残している気配が感じられる ↑
“雑草”があります。同じくトウダイグサ科です。
c0128628_16595453.jpg

トウダイグサ(燈台草 Euphorbia helioscopia)か、
タカトウダイ(高燈台 Euphorbia pekinensis)でしょうか。
この種類には、いろいろあって、区別がつきません。
葉と茎が紅葉していて、美しく、いつも見とれます。
ヤマアイもトウダイグサも、茎を折ると汁が出てきて、
毒ですよ。 (サラダにするなど、もっての他です)

板橋区に自生するニリンソウの草むらです。↓
c0128628_1701427.jpg


都営三田線新高島平駅から南へ徒歩10分、高速道路沿いの
緑地の一部です。高速道路のせいで、人が住むには最悪の
環境になり、結果、この貴重な野草が護られているようなの
です。
ニリンソウ(キンポウゲ科 Anemone flaccida )
[PR]
by tamayam2 | 2009-03-25 16:44 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by aamui at 2009-03-25 18:33
高校時代の生物の先生が どうらんから取り出して見せてくれたのが このニリンソウでした 湿った土の匂いとともによく思い出します
Commented by tamayam2 at 2009-03-25 18:58
◆aamuiさん、こんばんは!
どうらんとは、胴乱ってかくらしいの。植物採集の人がショルダーバッグ
のように身につけている円筒形の箱ですね。ああ、懐かしい!その先生は、立派な先生だわ。ちゃんと実物で示して教えてくださったのね!
Commented by toti51 at 2009-03-25 19:30
ヤマアイや、灯台草、初めて見る雑草です。
小石川植物園というのはおもしろいところのようですね。江戸時代、薬草園だったところですね。 華やかな園芸植物が植わっているところより、こういうものがちゃんと育っていて、発見がたくさんありそうです。 
わりと近くに製薬会社の薬草園が公開されているところがあって、また行ってみたくなりました。
Commented by tamayam2 at 2009-03-25 20:28
◆toti51さん、
東京大学理学部の研究施設ですから、私の関心のある日本オリジナル
があるし、外国種でも貴重なものがあります。黒澤の映画「赤ひげ」は
昔の小石川養生所が舞台です。園の中に井戸の跡があります。
お宅の近くの薬草園も興味深いです。行かれたらUpしてね。
Commented by nick-1 at 2009-03-26 21:09
ほー、そんな場所にもニリンソウがあったのですね、きっと昔は
どこにでも咲いていたかも。
もっとも、皇居の中では色んな山野草が残ってますね、番組で見ました。
観察会があるようなので、応募しましたが見事外れてしまって、残念です。
Commented by tamayam2 at 2009-03-27 09:49
◆ nick-1さん、
私は、いつもnick-1さんさんが写真を撮っておられるような、自生地
に出かけ、野草がワァーと咲いている現場の様子を撮りたいのです。
悲しいかな都会に住んでいてそれは、ムリですが・・・しかし、諦めて
はいけない、よーく探せば、そういう場所が無いわけじゃないらしいの
です。やはり、古くからある場所で人があまり手を掛けすぎない所
ですね。その原則からいくと、皇居は最適な場所です。また、チャレンジ
してみてください。
Commented by 寧夢 at 2009-03-27 10:13 x
春。雑草の生命力に目が点になる季節。ドコカラワイテデタンダ・・・。
両親は農家の出なのに、あまり草木の名前を教えてくれなかったなあ。子供は興味ないと思っていたのかしらん。保育園児だった娘は、クイズで植物の名前が覚えられる草加公園がお気に入りだった。大阪では植物園がある長居公園まで出向きたいものだが、なかなか。大阪にも隠れた穴場があるはずなのに、植物に疎い私はなかなか。
春。日差しが気持ちいい。こんなときに仕事なんか・・・したくないね。(笑)
Commented by tamayam2 at 2009-03-27 12:01
◆ 寧夢 さん、
>日差しが気持ちいい。こんなときに仕事なんか・・・ほんと、ほんと
その通りですが、私も60すぎまで室内におり、昼間出歩いたことが
ありませんでした。そういう日が来たので、うれしくて、昔のうっぷんを
はらすごとく歩き回っておりまする。そういう日がきっと来ますから。
仕事がナイ人が多いなか、仕事がある人は幸せです。私も3月末
締め切りを一つ抱えており、ん、もう、年度末ってキライとぼやいて
おります。3月末というのは、日本で年末の忙しですねえ。どうぞ、
ご自愛くださいね。
Commented by nenemu8921 at 2009-03-27 23:40
tamayamさん。地味な花を気にかけてくださるわね。
ヤマアイは市川市の万葉植物園でも大切に保護されています。
今年は未だ見ていないのですが。
ニリンソウ、見事な群落ですね! 都会で!!
ちょっとあつかましいかなと思いつつ、ニリンソウ一輪だけですが、TBさせていただきました。(*^_^*)
↓レンジャク、私も昨日、市川市の郊外で出会いました。
スゴイ高い木の上の枝にいて下りてこないの。いい写真は撮れませんでした(泣)
Commented by tamayam2 at 2009-03-28 07:12
◆ nenemu8921さん、
TBありがとうございました!ほう、市川の万葉植物園ネ。メモ、メモ。
やはり、♪鳥が啼く、鳥が啼く、どこで啼く。山で啼く、里で啼く・・・市川
でも書いたのネ。よかった。割りに大型ですから、目立ちやすいですね。
鳥に会えたら誰でもきっと幸せな気分になるわね。
Commented by kanmyougama at 2009-03-28 09:41
tamayam2さん。製作に終われてなどといい加減な理由をつけますが、tamyam2さんの更新順調ですね。「雑草」・・・・など本当はないのでしょうが、野菜つくりをはじめてみて「雑草」と一言でいますが、中には野菜と共存しているのもありまして、面白いと思うようになりました。
どんな雑草が増えるようだと・・・土地が肥えているとか、この草だと地力が衰えているとか、酸性土壌になっているとか・・・、興味は尽きません。
ハコベ・仏の座・・・・を喜ぶ野菜もありますよ。
これから追っかけてコメントします。
Commented by tamayam2 at 2009-03-28 21:03
◆ kanmyougamさん、こんばんは!
昭和天皇でしたかしら、名も無き花とか、雑草という言葉がお嫌い
だったとか。すべて生きとし生けるもの、名があります。名を知らなく
ては、お友達になれません。私の鼠額大の庭では、菜園はムリです
から、ぜひ、>野菜と共存している植物について、ご報告くださいな。
ハコベ、ホトケノザを喜ぶ野菜を知りたいなあ。ハコベの若々しい葉
をみますと、春の七草のようにおかゆに入れたくなります。都内でも
ハコベ、ハハコグサ、スミレ、カタバミなどはしっかり生を謳歌して
いますよ。
Commented by あんず at 2009-03-31 19:39 x
いやぁ~・・・どちらも、サラダにして食べたい気にはなりませんよぉ(笑)

ニリンソウ。。。スイスの森を思い出しました。
あの森、今の時期は 「犬の散歩禁止」なんです。
植生を守るためだそうです。 
Commented by tamayam2 at 2009-03-31 23:39
◆あんずさん、
スイスの森に白い花(Anemone nemorosa)がわぁ~と咲いて
いたのでしたね。日本で言うXXイチゲ(キンポウゲ科)の花だと
思いますが。犬が踏み荒らすから、禁止するのでしょうか。
こういう繊細な野草は、そのぐらいしたほうがいいんでしょうね。
一旦消えてしまったら、もう取り戻すことが困難ですからね。
<< 今日の切手(10):丑年の切手 鳥に出会った日 >>