キブシ・ヤシャブシ 小石川で

うらうらと暖かかった18日、小石川植物園に立ち寄った。
c0128628_10324816.jpg

春を告げる花、うす黄色い土佐ミズキ、ヒュウガミズキ、
サンシュユ、ミツマタ
が大ぶりの古木に花をいっぱいつけていた。

木五倍子、夜叉木五倍子 と書いて、キブシ、ヤシャブシ と
読む。まるで判じ物のようですね。春を告げる木の芽と花。
c0128628_10354978.jpg

↑写真は、八丈キブシ(キブシ科 Stachyurus praecox)
むかしの女性がお歯黒をするときに、使ったという
五倍子(ふし)。黒い色の染料です。
c0128628_10363822.jpg

↑ヤシャブシのほうは、(カバノキ科 Alnus firma) 
名は似ていますが、キブシとは無関係です。

花粉症の方には、クシャミが出そうかもしれませんが、
ネコヤナギも花粉を飛ばしていた。(写真 一番上)
(花粉症の方、お大事に。もうしばらくの辛抱ですよ。)


c0128628_10375771.jpg
しばらく歩いて
行くと、木陰で
貝母(ばいも)を
見つけた。

別名 
アミガサユリ。
垂れ下がった
内部は、
編笠模様。

バイモ
(ユリ科 
Fritillaria verticilata)






木五倍子も貝母もお茶人に好まれそうな花ですね。


c0128628_10385928.jpg
日本庭園の池では、
カモのカップルが
水浴みして
いました。















c0128628_10414138.jpg

ダイサギも一羽、飛んできてしばらく水の中に嘴を
つっこんで獲物を漁っていました。

春はそろそろと動きだしたようです。
by tamayam2 | 2009-03-19 10:42 | 日々のできごと | Comments(9)
Commented at 2009-03-19 18:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 寧夢 at 2009-03-20 10:40 x
漢字で書くと植物の名前は難しいですね。
お茶の世界では洋花は飾れないのでしたね。あみがさゆりは確かにお茶室に好まれそうな風情ですね。
Commented by tamayam2 at 2009-03-20 11:20
◆ 寧夢さん、
和名もなかなか素敵ですけど、最近は、カタカナの舌をかみそうな
名前の花が多いです。住宅も洋風化しているし、お手前もイスに
腰掛けてすることもありますから、あまりやかましく言わなくても
よいのでしょう。バイモもようにうつむき加減の花は、地に這いつく
ばるようにして撮らないと・・・ふう。
Commented by toti51 at 2009-03-20 11:25
貝母もう咲いていますね。 九州の方のお庭でもうとっくに咲いているのを見ましたが、関東は真ん中あたりの地方よりも、どうも暖かいようですね。どの花も関東のほうが先に咲いてます。

↓の、シキミのお話。関東ではお葬式にしきみを使いませんか?
そういえば、中部でもあのしきみをぎっしり差したあの飾り方はしませんね。今頃気が付くというのも変なはなしですが。
関西はお墓にも昔は、色花じゃなくしきみを供えてましたね。
Commented by wakorisa at 2009-03-20 20:10
tamayamさん,お久しぶりです。
冬眠中もコメントをありがとうございました。
やっと冬眠から目覚めました。

ここ最近の陽気でいっきに春になりましたね!
バイモは華やかではないけど,しゅっとした葉といい
ベルのような花といい,なぜか心惹かれます。
一時期は球根を探したこともありましたが,
うちの庭に咲くとその良さが見えないような気がして,やめました(^^;)
Commented by tamayam2 at 2009-03-20 21:04
◆ toti51さん、
関東は、ほんとうにあきれるほどヌクイですよ。都市独特の熱が
あるのかな。。。私、昨日も別のところでシキミの黄色い花を見ました。
白もありますが、黄色もあるようです。関東では、シキミ自体が
少ないのか葬式に使うほど無いようですが、関西の方のお話しでは
使うようです。結婚式、葬式。。。地方によって本当にやり方が
異なっているのですね。面白くうかがっております。
Commented by tamayam2 at 2009-03-20 21:08
◆ wakorisaさん、お久しぶり!お帰りなさい!
あんずさんもしばらくお休み中なので、さびしく思っていたところ
です。ときどき、休もうかと思うこともあるのですが、この世は、
雑事に追われえることばかり。。。休んでも休まなくても、雑事は
押し寄せるので、忘備録代わりに。4月は、なにもかもリセットして
新しい出発のときですね。これからもどうぞ、よろしく!
Commented by あんず at 2009-03-21 01:13 x
↑へへへ・・・。

五倍子。 ふし と読むとは知りませんでした。
早速、あんずの得意技「知りませんでした」を繰り出してしまいましたが
tamayamさんの記事で 必ず何かを勉強しているわたしです。

小石川、帰ったら行きたいです。
Commented by tamayam2 at 2009-03-21 09:09
◆あんずさん、
あらっ!そんなところに隠れていたんですか!?!
お帰りなさい。うれしいわあ。あんずさんもwakorisaさんも、
お帰り!
<< 鳥に出会った日 大道芸人 >>