カエル

啓蟄(けいちつ)というのは、地面が暖まって、いろいろな
生き物が穴から出てくることですって。今日は、終日冷たい雨
が降っており、春の気配など微塵も感じられない一日でした。

私は、生きとし生けるもの何でも関心があり、カエルの写真も
何枚も撮っているのですが、友人の中には、
「カエルは、全然だめ、だめ、だめ・・・やめて!」
と騒ぐ者もおり、公開するのを遠慮しておりました。
啓蟄の今日なら、まあ許していただけましょうか。
c0128628_22163046.jpg

井の頭公園で見た、巨大なウシガエル。体長約30cm!
(アカガエル科 Rana catesbeiana)
水槽の中で飼われていました。このような食用ガエルが大正
年間にアメリカ、ニューオリンズから輸入されたそうです。
それが、今では特殊外来生物として、危険視されているようです。

本当に身勝手なものよ、人間は!

「外国から持ち帰ったオタマジャクシを田んぼや川に捨てることは
禁じられています」というような張り紙を水族館内で見ました。
いくらなんだってこんなカエルを食べたいと思う人がいたの
でしょうか、信じられぬことです。
c0128628_22194034.jpg

英語名に、東京という字が見えるトウキョウダルマガエル ↑
日本の固有種。(Rana porasa porasa)

c0128628_2220780.jpg

アカガエルは、文字通り赤い色をしている。 ↑
(Rana japonica)

c0128628_22204558.jpg

アオガエルの一種だろう。体長2-3cm。

日本では、カエルは、ぬれていて、テラ~ッと光っているから
女性に気味悪がられているようだが、西洋では、別のイメージが
あるらしく、けっこうかわいがられている。

カエルのアクセサリーを服につけている女性も珍しくないし、
浴室や花壇のそばにカエルの人形などを並べて楽しんでいる人
もいる。

金の冠をかぶっている王様のようなカエル人形があるが、あれは
グリム童話の影響かもしれない。
カエルはちょっと頭のよい動物というプラス・イメージがある
ようだ。

人が気味悪いと思おうが、かわいいと思おうが、賢いと思おうが
それはまあ、好みの問題だから良いとして・・・おいしそうだと
人に思われたら、生物にとっては悲劇ですね。
[PR]
by tamayam2 | 2009-03-06 22:22 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by mimosa at 2009-03-07 00:12 x
井の頭公園 懐かしいです。
25年前に東女(とんじょ)を卒業したので・・・。
在学中は構内の寮に住んでいました。
井の頭公園は卒業以来一度も行ったことがないのですが
きっと変わらない佇まいで 昔のままなのでしょうね?

実は私、食用カエルにも馴染みがあります。
実家のすぐ裏を小川が通っていて 夏にお風呂に入っていると
ウシガエルが低い声で「ボ~ッボ~ッ」と鳴いたり ドッポ~ンと 
水に飛び込む音をいつも聞いていたのです。
西洋のお話では確かにカエルは良いイメージですよね。
うちにも錫のカエルのミニチュアがあります。
Commented by 寧夢 at 2009-03-07 06:54 x
母から昔、食用ウシガエルの話を聞きました。鶏肉に似ているのだそうです。昔は田んぼからの鳴き声がうるさくて、朝通学字に道路でぺちゃんこになっている姿を見かけたものです。今はさっぱり・・・。

ちなみにカエルアクセサリー持っていますよ。イヤリングや指輪。もっとも私のトレードマークは亀なので、亀が多いです。エ? 仕事には付けられませんけれどね。(苦笑)
Commented by tamayam2 at 2009-03-07 11:48
◆ mimosa さん、こんにちは!私も久しぶりに井の頭公園に
行きました。日曜だったので、大道芸人やクラフトを売るアーティスト
たちの屋台も見ました。クラシックのヴァイオリン弾きもいましたよ。
ちょっとした武蔵野の文化センター(笑)食用ガエルをご存知とは。
やっぱり、日本の畑や川に放たれたのですね。とても声が大きいため
騒音公害で話題にされるとか。井の頭公園の水槽の中のカエルは
じっとしていて哲学者のようでしたよ。
Commented by tamayam2 at 2009-03-07 11:52
◆ 寧夢さん、
やっぱり、食用ガエルがいたのですね。西洋では、スーパーでカエル、
ウサギ、カタツムリなど売っていますが・・・。
カエルのアクセサリーをお持ちなのですね。春先には、いいかもよ。
私は、トンボ、チョウチョのアクセサリーを持っていますよ。
やっぱり好きなものは自然に集まってくるみたい(笑)
Commented by kanmyougama at 2009-03-07 15:41
蛙の勢ぞろいですね。啓蟄ですからいいでしょう。
カエルは蛇ほどでありませんので・・・・。
一番目のカエル、啓蟄より2週ぐらい早く恋の季節を迎えますね。
僕らがまだまだ寒いと思っているのに、雨がソボ降る雨の中に出てきます。恋の出会いを年に一度作るのです・・・・。
その日限りで朝には姿がないのです。
もうしばらくしますと公園の池にはオタマジャクシが姿を現します。
Commented by tamayam2 at 2009-03-08 07:56
◆kanmyougmaさん、
そうですか!ウシガエルが啓蟄に先立ち恋をするのね!それも
一日限りの恋。不思議な生態です。きっと大きなオタマジャクシ
でしょう。このごろは、公園の池などにいろいろな禁止札が立てられ
こどもが近づきにくくなっています。オタマジャクシを獲るなんて
今の都会の子供はできないのでしょうね・・・。オタマジャクシから
カエルになる様子を観察するのは、信じられぬ出来事でしたね。
Commented by toti51 at 2009-03-08 21:04
ウシガエルはてっきり銅像だと思って見てしまいました。途中で本物と気付きびっくり^^ ウシガエルはうちにはいないんですよ。
アカガエルというのも、nonbirimayさんところで卵を産んだなんて話を聞きましたが、うちのあたりでは見かけません。山の近くにいるものなのでしょうかね。
Commented by tamayam2 at 2009-03-09 09:30
◆toti51さん、
私もはじめ、作り物かと勘違いしたのです。じっと動かないのです
が、時々眼の玉が動いたので、驚きました。カエル、ヘビ、ケムシ
などに関心があるというと変人扱いされそうですが、toti51さんと
いう同好の士を得てうれしいです。犬、ネコを可愛がる人がおります
が、私は、動物はどれも同じ扱いです。動物に優劣なし。命あるもの
みな一生懸命生きてはるんですから、うちらと同じや。(なぜかここで
関西風言葉遣い)ウチの庭にもガマがいるはずで、時々見かけます。
土と同じ色ですから保護色のようです。
<< 犬の 気持ち ミモザの思い出 >>