ミモザの思い出

先日、赤塚植物園で、早春の花木をいくつか見た。
トザミズキ、ミツマタ、サンシュユ・・・どれも地味ながら
東洋的な控えめな美を感じさせる花々。
c0128628_0104825.jpg

植物園の高台にひときわ目立っていたのが、黄色い花を
一杯につけたミモザ
別名、ハナアカシア(マメ科 Acacia baileyana)


c0128628_0123758.jpg
3年前の
ちょうど今日、
3月6日に、
スイス、
バーゼル
伝統的な
カーニヴァルを
見物した。


ケルンから、
電車で2時間
ばかり南下した
ところなのだが、
お祭りが始まる
のが、
早朝4時なので、
前日からホテルに
泊まりこんだ。




c0128628_013365.jpg

昼ごろ、町の中央広場のあたりからたくさんの山車が出て、
お菓子やオレンジ、ミモザの花束を配ってくれる。それぞれの
団体が仮面や衣装を競い、古典的な楽器で物悲しいような、
悠長な音曲を奏でながら町を練り歩く。
c0128628_013264.jpg

私も街角でたくさんのミモザの花束やオレンジをもらった。

フランスやイタリアのどこかの地方でも、早春に行われる
「花祭り」の主役は、ミモザの花だと聞いた。
日本なら、「花祭り」と言えば、ウメ、モモ、サクラなど、
ピンク系の花々が多いのに、西洋では、眼も覚めるような黄色
であることを珍しく思ったものだ。
by tamayam2 | 2009-03-06 00:14 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by kanmyougama at 2009-03-06 08:43
一番乗り・・・。
黄色の花となると僕の眼に焼きついているのは・・・ミモザ。
フィレンツエの岡のホテルに窓に、室内にこぼれ込んできそうに咲いていました。・・・・ということは春の旅行だったのでしょうね。
フランスからイタリアへの旅行で・・・友人が「足元に注意犬の糞と凍り付いていてすべりやすいから・・・」・といったのを思い出しました。
季節が合いますかね・・・(笑い)
ミモザ・・・・はアカシアと覚えていましたが、ハナアカシアがただしいのですね。
Commented by tamayam2 at 2009-03-06 11:54
◆kanmyougamaさん、
ようこそ、一番乗り!あっ、やっぱりね。フィレンツェでご覧になった
のですね。ヨーロッパの早春にぴったりな花ですね。あちらでは、犬の
落し物には、本当に泣かされました。ドイツでは犬税がけっこう高い
らしく、飼い主も市の仕事だから・・・とフンを片付けない人も大勢。
何事も自己責任の国なので、自衛するしかありません。ミモザの
の本当の名はいろいろあるようです。銀葉アカシアとか、フサアカシア
とか。どれがどれか??日本では、ニセアカシア(白)が多いですね。
Commented by mimosa at 2009-03-06 23:57 x
はじめまして(^^
トミ子さんのバナ便経由で お邪魔しております。
私がHNに使っているミモザの写真を見せていただいて
すっかり興奮しちゃってマス。
私自身は ずっと以前 葉山辺りをドライブしている時に
ビ~ックリする位 元気いっぱい満開に咲いているミモザを見て
あの鮮やかな黄色の花が大好きになりました。
この辺りでは見かけないので お写真を拝見できて本当に嬉しかったです。
私のHNは 今では専らカクテルのミモザのイメージになりつつあります。滅多にカクテルを飲む機会はありませんけど・・・オーダーする時は絶対ミモザに決めています(笑
tamayama2さんはドイツにお住いだったのですね。そして、
ヨーロッパのあちこちでたくさん素晴らしい思い出を作られて帰国されたのですね。本当に羨ましいです。
また、素敵なお写真拝見するのを楽しみにしております。
Commented by 寧夢 at 2009-03-07 07:03 x
山里の春を告げる花は黄色だというイメージがありますが、歌に詠まれたりするのは白からピンクの梅・桃・桜が好まれるようですね。輸入文化・漢詩文の影響でしょうか。東洋と西洋の違いなのかしら?

ヨーロッパの黄色を見ると、オーストリア帝国の色と習った世界史の時間を連想・・・。後はミモザサラダかな。ああ、また食べ物の方へ行っちゃった。(苦笑)
Commented by tamayam2 at 2009-03-07 11:35
◆mimosa さん、お初にお目にかかります。まぁ、トミ子さんの
ところから、いらしたのですね。音楽の方ですね。
ミモザっていう発音が可愛らしいし、花自体も清らかで素敵です。
最近yamyam町でも庭木にしているお宅をちらほら見かけるように
なりましたが、まだ馴染みの薄い花かもしれません。ミモザといえば、
カクテルやサラダがありますね。(忘れてた!)PCに強いご主人の
ディザインのHP楽しく拝見させていただきました。トミ子さんに続き、
ピアノ演奏を聞かせていただきます。今後ともどうぞ、よろしく!
Commented by tamayam2 at 2009-03-07 11:40
◆寧夢さん、
おっしゃるとおり、やはり中国の漢詩の影響があるのでしょう。
植物の和名の付けかたなど、漢語の影響を強く感じますし・・・・
植物自体大陸から来たものが多いのでしょう。
ミモザサラダ、私も大好き!きょう、作ろうかな~。
Commented by toti51 at 2009-03-08 21:08
ヨーロッパの薄暗い冬の後にこの花の黄色は、特に嬉しさもひとしおでしょうね。
ほんとに華やかな黄色です。
うちにもあったのですが、台風で折れてしまい枯れました。今思うともっと切り詰めて育てたほうがよかったかなと。雪の重みにも弱いんです。
Commented by tamayam2 at 2009-03-09 09:20
◆toti51さん、
ミモザは、風や雪に弱い木なんですね。Yamyam町でも、この木を
お庭に植えていらっしゃるお宅が数軒あります。花が少ない時期なの
で、黄色の塊りを見るとうれしいですね。東京は、今日もどんより。
今日は、ウチの中でおとなしくしましょ。
<< カエル ひなの日に >>