十両の値打ち

一月が去り、ニ月になりました。

正月の縁起もの、マンリョウ(万両)、センリョウ(千両)
の下にカラタチバナ(百両)があって、
更にその下が、ヤブコウジ(十両 Ardisia japonica)だと
いうことをご存知でしたか?

やはり、万両が十両よりは、価値が高いのでしょう。
写真下:百両のカラタチバナ  昨年12月 後楽園
c0128628_15481669.jpg

江戸時代の金子(きんす)の価値については、よくわかりませんが、
日銀貨幣博物館によると、一両は、幕末で3~4千円にも相当する
そうです。十両なら、3~4万円です。

江戸時代の大店の旦那衆は、盆栽に夢中になって、
金に糸目をつけず、こういう赤い実のなる株を買い漁ったらしい。
c0128628_15493380.jpg

さて、近ごろ東京駅の前の新丸ビルのわきを通ったら、ビルの
外壁を覆うような植物の壁ができていて、アイヴィー(ツタ)
がからまっていた。どこにでも逞しく繁茂するアイヴィーは、
理解できるけど、その下部に植わっていたのが、
葉色の涼やかな(私のみるところ園芸用に改良された)
ヤブコウジ(?)のような植物。

え? と思って写真を撮ったのだが、実も美しかったし、
部分的にピンク色に紅葉している葉がきれいだった。
こんな野草を、東京駅のドまん前で見るとは!ちょっとした驚き。

新丸ビルには、外装に光触媒加工の壁を使って、汚れにくく
したり、光触媒の技術を応用して清潔な水を壁面に循環させ、
垂直の花壇をつくろうと試みているようだ。植物で
厳しい夏の暑さを緩和しようというのでしょうね。

十両と呼ばれるヤブコウジは、もともと日本固有種だし、
(学名の中に japonica って書いてある)
冬でもちゃんと野外で自生しているのだから、目の付け所が
よいなあ。

日本の固有種の強健さをどんどん活用したらいいですね。
[PR]
by tamayam2 | 2009-02-01 15:53 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by aamui at 2009-02-01 16:55
知らなかったです!今年は千両万両は買いませんでした 赤い実を拾うのがちょっときつくなったから 猫が拾ってくれれば良いけど・・・・・
植物の壁とか屋上がどんどん広まると良いですね
Commented by 寧夢  at 2009-02-02 06:07 x
100両から下は知りませんでしたね。なのに、正月用に道の駅で買い求めた可愛いいけばな(竹の中にあらかじめセットでいけてあったもの)を良くみると、このカラタチバナが入っていたのでした。「灯台下暗し」でした。・・・、ええ、まだ赤い実をつけているので、そのまま家人宅に鎮座ましましています。
Commented by tamayam2 at 2009-02-02 09:06
◆aamuiさん、
>>猫が拾ってくれれば良いけど・・・・・ははは。ウチの惰ネコも
拾ってはくれません。キャットフードのコロコロをあっちこっちに散らか
して、サッカーボールのようにどこまで遠くに飛ばせるか、ゲームを
しておりますよ。このごろツル性の植物をうまく利用して壁に這わせて
いる例を見かけます。見た目が涼しげだけでもいいわね。
Commented by tamayam2 at 2009-02-02 09:12
◆ 寧夢さん、
万両は立ち姿がよし、千両は豪華、カラタチバナは小ぶりながら、
葉が大きくてバランスがいいですね。道の駅には、いいものが
売っていましたね。きっと土地の人が丹精したものでしょう。私も
立ち寄るとアレコレ覗いて楽しんでいます。
Commented by あんず at 2009-02-03 19:29 x
赤い実をつける植物はおめでたい気分がしますね。
名前にかかわらず(わたしは、万両より千両が好きです・笑)。

クリスマスに飾る柊の実も赤いですね。
葉っぱの魔よけだけでなく、欧米人も「赤」はおめでたいと感じるのでしょうか??

うちにいるのは犬ですが、tamayamさんの猫と同じようなことをして遊んでいます。
Commented by tamayam2 at 2009-02-04 13:42
◆あんずさ~ん、大声で呼んだのよ、聞こえる?
私の家には、千両がたんとあって、これが繁殖力が強いのです。
いつか整理しようと思いつつ、やはり冬の赤い実は捨てがたく・・・。
はは、ウチの惰ネコがするサッカーボール遊びをお宅のワン君も
しますか。このところ老ネコ用という非常に高価なコロコロを与えて
おり、それを粗末にされますとねえ。吝嗇な私としては、お金がこぼれる
ような気がするのです。ハルマッタンの空は、しばらく続くのでしょうか。
日本では、浅間山が噴火して東京にも灰が降ってきましたよ。
Commented by toti51 at 2009-02-06 08:55
万両が一番上等そうに思えるネーミングですが、うちでは万両はどんどん実生でふえます。従ってなんだか有り難味がなく、百両のカラタチバナなんかのほうがいいな、なんて。 千両も育たずです。
十両のヤブコウジは、これは、なかなか買うと高価なものじゃありませんか。こういう下草としても使われるのですね。うちに斑入りのものがありますが、なかなかよいですよ。
Commented by tamayam2 at 2009-02-06 18:21
◆toti51さん、
私も、百両、十両など、ネーミングとして品下れるものが好もしく
感じております。じつは、一両(赤モノ)という山野草もあり、それは、
高価なものです。ウチの鼠額大庭には、雑草、あるいは雑草に類した
ものだけですが、それでも春遠からじという気配を感じます。
toti51さんのお庭を見せていただくのがとても楽しみ。ウチの
クリスマスローズ昨日開きました。なーんも手を掛けてやらなかった
のに、健気なもんです。
<< 銀座点描 1月~2月 パレスホテルで サヨナラ・カレー >>