オバマさんのスピーチ

c0128628_14144495.jpg

陽もささず薄ら寒い21日、オバマ新大統領の就任演説を聴いた。
ワシントン,DCのモールにひしめく人々。晴れやかな笑顔。
若くて自信に満ちたオバマさんの演説は、なにか未来への希望を
予感させるような力強さがあった。

私がちょっといいなあと思った部分。(日本語訳)

(この厳しい現状を乗り切るための)成否を左右するのは、
昔と変わらぬ 勤勉と誠実さ、
勇気と公正さ、
忍耐と好奇心、
忠誠と愛国心である。これが真実だ。(中略)
こうした真理に立ち戻ることだ。

(・・・those values upon which our success depends---
hard work and honesty,
courage and fair play,
tolerance and curiosity,
loyalty and patriotism
------those things are old.
These things are true. )
c0128628_1417660.jpg

日本語で、勤勉さと誠実さなどと、気恥ずかしくなく言えるだろうか。
とくに、忠誠と愛国心などは、堂々と言えない。 (なぜかなあ)

でもね、日本のような小国の人々は、勤勉と誠実であることを
除いて、どんな徳を誇ることができようか。
公正と訳されているフェアープレイで勝負するしか無いですよね。

こういう言葉が堂々と言える英語国民をうらやましく感じた。

写真上:雲南サクラソウ(サクラソウ科 Primula filchnerae)
     7日 館山で購入
写真下:四川トキワガキ(カキ科 Diospyros cathayensis)
     14日、小石川植物園で
by tamayam2 | 2009-01-21 14:17 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by kanmyougama at 2009-01-21 16:40
星オバマの誕生を心から喜んでいます。
国民の喜びに明るさを感じます。未来を開く力を感じます。
成熟した民主主義の力を感じます。

日本の世界に誇れる徳・・・さて。
世界伍していくために急ぎすぎ軍国を走った国が清算しなければならな
いことが残渣みたいにこびりついているように感じます。
謙虚に認めて学ぶべきではないかと思っています。
その上で、
昔と変わらぬ 勤勉と誠実さ、
勇気と公正さ、
忍耐と好奇心、
忠誠と愛国心である。これが真実だ。(中略)
こうした真理に立ち戻ることだ。
・・・・・この言葉を噛み締めてみます。
Commented by namiheiii at 2009-01-21 18:48
深夜のライブをご覧になったのですか?凄いなあ!
オバマさんは演説がうまいという評判でしたが、ジョン・ケネディのような派手な名文句は無かったですね。手堅いと言うか、問題山積の困難な時期を感じさせるように思いました。
愛国心というと安倍さんの”美しい国”を思い出すけど、あれではね?
Commented by nenemu8921 at 2009-01-21 22:45
こんばんわ。つい、私も見てしまいました。
日本語ではこうした言葉は、形骸化した印象になってしまいますね。
忠誠、愛国心などは、どうしても、歴史的な負のイメージを引きずってしまうので、日本語ではつかうのは難しいですよね。
微妙なニュアンス、陰影を駆使してこその日本語使いの達人なのでしょうが。
政治家や経済人で、スピーチのうまい人が居ないのは、日本語という言語がパブリシティ向きでないのかも知れないと思います。
ノーベル文学賞を受賞した人が少なくないことを思えば、日本語は内向きの言語なのかしら。
内面を語るのに向いていて、演説向きではないというか。

Commented by bella8 at 2009-01-22 05:59
私も目覚ましで深夜起きて見ましたよ。
ブログにも載せましたが、なかなか意味の深い演説でしたね。

Commented by 寧夢  at 2009-01-22 06:14 x
解説ではスピーチのキーワードは「旅」だと言っていましたね。ジャーニーとトラベルとどちらも使って話していましたが、意味は微妙に違うような気が。困難を乗り越えて前進する為にどんな旅を続けるというのでしょうか。アメリカが「自分探しの旅」に陥らないようにと期待するばかりです。
Commented by tamayam2 at 2009-01-22 10:47
◆ kanmyougamaさん、
>(古い時代のことが)残渣みたいにこびりついている・・・だから
堂々と愛国心なんて言いにくいのですね。日本人の勤勉さ、
真面目さ、自然を愛する気持ち、家族を大事にする気持ちなど、
ドライに切り捨てて、アメリカ風だと錯覚してきた時代がありました。
若いオバマさんが引っ張っていくアメリカの今後、どう変化するか
楽しみですね。(どんな色に仕上がるか、窯の中に入れた陶器の
ようですね。)

Commented by tamayam2 at 2009-01-22 10:57
◆  namiheiiiさん、
あ、そうですね!安倍さんの「美しい国」という言葉がありましたね。
帰国したばかりでしたので、なんと浮ついた言葉を使うリーダーか
とあきれました。そうしたら、すぐに政治の舞台から消えてしまい
ました。今度の方も国語力に不安がありますね。国民が直接選挙で
リーダーを選ぶアメリカのやり方は、大変な手間ですけど、その価値
はありますね。
Commented by tamayam2 at 2009-01-22 11:11
◆  nenemu8921さん、
>内面を語るのに向いていて、演説向きではない・・・
なるほど、言葉自体にクセがあるのかもしれません。最近、こういう
Blogの中の文章をたくさん読んでおりますと、今後は、スピーチの
うまい日本人も出てくるのかもしれませんね。内なるつぶやきだけで
なく、時に主張の巧みな筆者に出あうことがあります。
sense of humorのあるキラリと光る発言。日本語自体が
少しずつ変容していくのかもしれませんね。
Commented by tamayam2 at 2009-01-22 11:15
◆bella8さん、
そちらのBlogも拝見しました。宣誓のとき、聖書に手をおいて
誓いますね。ああいう光景、人よりも上の存在を信じて謙虚に
額づく姿を美しいと感じました。
Commented by tamayam2 at 2009-01-22 11:31
◆ 寧夢さん、
人口60万人のワシントンDCに、全米から200万人もの人が
押しかけてきて、何かの変化を望んでいる情熱、迫力を感じました。
世界中が困難を感じている時代に、この男が何をしゃべるか、みな
注目しているのですね。我々はみな行き先がわからない旅の
伴走者のようです。オバマさんは、アフリカ、アジアの文化にも通じて
いる方のようで、日本人としては親しみを感じます。

Commented by あんず at 2009-01-23 23:43 x
とてもとてもアメリカ的な演説だったとわたしは感じました。
レトリックを多用し、韻を踏み・・・
同じような構成で日本人が演説したら、引かれちゃって、胡散臭い とか
さむ~い なんて反応が返ってきそうです。

日本語に訳してしまうと英語の良さが生きないところもあり、また、
訳すことによって、より力強さを印象づけることも出来るな・・・とも思いました。

「わたしたちは~だと知っています」と訳せばよいところを
「わたしたちは知っている。 ~だということを」 ってもってくるのは、わざとだよなぁ・・・なんて(笑)

それにしても、オバマさんのあの精神力の強さは他人にはない強さですね。
世界中の期待を一身に背負って立つそのプレッシャーたるや・・・

フセインというミドルネームを持つ彼に、部外者ながら期待してしまいます。
Commented by tamayam2 at 2009-01-24 09:28
♪ あんずさん、
彼のミドルネームが フセインさんですって!?!アメリカの風土
以外を知っているというバックグラウンドは、いいですね。その点を
私も>>>部外者ながら期待します

やはり、翻訳すると別の印象になってしまうのですね。ほんと、
>>>さむ~い なんて反応が・・・・でてくるかもしれません。
日本語だと、華麗な言葉で飾るよりも、くだけた言葉で茶化すほうが
訴える力があったりして・・・TVなどで見ていますと、政治家の言葉も
ずい分軽口が多くなりました。あなたのように外の世界からアメリカを
ご覧になると別の感慨があることでしょう。欧州にいたころには、
アメリカの報道が比較的冷静でしたので、そういう見方の世界が
あることを知っただけ、よかったかと思っています。日本の報道の
ように。アメリカ礼賛一辺倒ではないことが新鮮でした。
<< 仙人のヒゲ 今日の切手(9):慶応大学 >>