東京湾をひとまたぎ アクアライン

年甲斐もなくあちこちに出没いたしておりますもので、
前回の四文字熟語で言えば、右往左往、神出鬼没、支離滅裂
言語道断の振る舞いということになり、いずこからお咎めが
あるやもしれません。なのに、性懲りもなく・・・。

1月6日、長かった今年の正月休みが終わり、通常の生活が
再開された日。ちょっと遠出して、千葉県 房総半島へ
向かいました。羽田空港わきの川崎から東京湾をひょいとまたいで
千葉県 木更津へ。15kmの東京湾アクアラインは、混雑も
なくスイスイと通れました。海底トンネルと地上道路の境目の
ところに 海ほたる というPAがあります。東京湾の真ん中に
立って、東京都や千葉県の遠景を一望でき、じつに壮快でした。
c0128628_13184868.jpg

海底トンネルを掘ったときに使われたシールドマシーン(掘削
機)の刃なのでしょうか、巨大な刃の一部が帆船の帆のように
展示されていました。

2007年春に英国 ロンドンとベルギー・ブラッセルを繋ぐ
ユーロスターに乗ってドーヴァー海峡の海底をひょいと渡ったのに
たまげた私ですが、いやぁ~、東京湾をひょいと
またいじゃって、いいの? とまたまた興奮してしまいました。
(高いと聞いていた料金ですが、ETC割引のおかげで
約1割ほど割安になっていました。)
c0128628_13195338.jpg

15分あまりで対岸の房総半島に着き、そこから南下。
房総の風は暖かく、沿道に、スイセン、菜の花、アロエが雑草の
ように繁茂しているのです。写真上:ストックの畑


c0128628_13204916.jpg
途中で立ち寄った
きょなん(鋸南)
道の駅で、
思いがけず
浮世絵を
鑑賞すること
になりました。














菱川師宣(ひしかわ もろのぶ 1630年ごろこの地、保田で
生まれたとされる)の美術館が道の駅に隣接してあるのです。
切手にもなった見返り美人の手描き浮世絵を見て
外に出ると、干物を焼く、香ばしい匂いが!
 お、お・・・・・・!
c0128628_13225423.jpg

サンプルの小魚をほおばりながら、浮世絵もいいし、干物も
わるくないなぁと感動したものです。
(俗人ですねえ・・・・)
もしも、外国人を案内するなら、こういうコースもありえるかも。

アクアラインで日本が誇る土木工事のすばらしさを存分に堪能して
いただき、対岸で浮世絵を鑑賞、天日干しの干物の作り方を見学して
海の幸のランチ。春の花を見ながら海岸沿いのドライブ。なんだか
妙な取り合わせですが・・・・東京が寒い時期、こういうのも
いいんじゃないかしら?
by tamayam2 | 2009-01-10 13:23 | たび | Comments(6)
Commented by aamui at 2009-01-10 18:41
とってもいいプランだと思います 道の駅で日の出を迎えたいと思ったりりしていますがまだ・・・・足の太く丈夫なアッシー君が欲しいです
Commented by tamayam2 at 2009-01-11 08:58
♪aamuiさん、
海ほたる というparking areaで、日の出が見られたら、きっと
素敵でしょう。新年には、大賑わいだったと思います。富士山も
見えるはずなのですが、私が行ったときにはだめでした。
早起きで、元気なアッシー君をさがさなくっちゃね!今度私が行く時
には、お声をかけましょう。

Commented by 寧夢 at 2009-01-11 21:38 x
いい休日ですね。遠出は気分が変わっていいものです。景色が美しければ特に。そして、えーと、ストック・・・あらせいとうかな? 見返り美人は本当に素敵。海の幸ランチ、健康的。自然に触れ、古典に触れ。連休は仕事関係でどこにもいけないので、嬉しい記事でした。
Commented by tamayam2 at 2009-01-12 12:17
♪ 寧夢 さん、
アラセイトウとは、なんだか懐かしい響き。そうです、ストックの和名。
葉っぱが羅紗のようだから、葉ラセイタ(ポルトガル語で羅紗のこと)
からなまった言葉のようです。さすが寧夢 さんですね。詩のなかでは
アラセイトウのほうがいいわね。ほのかな匂いがあり、清楚な花です。
この写真のように房総では、お婆さんの副業らしくもんぺ姿の元気な
お婆さんたちを見かけました。干物を焼くのもお婆さん、男どもは、
漁でもしているのか、酒呑んでいるのか・・・??
Commented by nenemu8921 at 2009-01-13 00:02
こんばんわ。いい休日でしたね。
海ほたるのあたりは、春、スダテ漁が楽しいところです。
http://tuboya.blog71.fc2.com/blog-date-200812.html

お魚美味しそうですね(*^_^*)
ばんやでランチでしたか?
↑アラセイトウ、少し前の翻訳文学によく登場しましたね。
ラセイタソウも海岸付近で見かけますが、ポルトガル語が語源だったのね!!
鋸南町のスイセンはごらんになりませんでしたか?
Commented by tamayam2 at 2009-01-13 20:36
♪nenemu8921さん、
よい所をご紹介いただきました。南房パラダイスは、だぁれもいなかった
ので、本当にチョウに会えるか心配でしたが、けっこうよかったですよ。
温室などは、さぁ~と見ただけですが、立派な施設なのに、学芸員が
いるのかな、いないのかな・・・・という感じでした。スイセン畑は見ません
でしたが、路傍のスイセンの香を楽しみ、大山町の棚田も見てきました。
スダテ漁のころにも行ってみたいですね。
<< ユキワリイチゲと 見返り美人 四文字熟語 >>