蝶のとまるクリスマスツリー

もうすぐクリスマスですね。
街角で、教会で、きれいに飾りつけされたクリスマスツリーや、
ツリーのライトアップが見られる時期になりました。

みな様のお家のツリーには、どんな飾り物がぶら下がるの
でしょうか。


c0128628_1434817.jpg

このツリーは、
2.5mほどの
小さいツリー
です。
ちょっと
変わっている
のは、生きた
チョウが
とまって
いることです。









オオゴマダラ 沖縄地方でよくみられる蝶です。
c0128628_1451313.jpg

白い綿の下に金色と緑色の紡錘形のものが下がっていますね。
これらはプラスティックや金属製の飾りものではなく、
天然のサナギです。
c0128628_1465285.jpg

金色のものが、オオゴマダラのサナギ。
16日ほどで羽化し、蝶の成虫になります。緑色のものは、
琉球アサギマダラのサナギです。写真下は、その成虫 ↓
c0128628_1475136.jpg


この珍しい蝶のツリーは、栃木県井頭公園(いがしらこうえん)
花ちょう遊館で、27日まで。私は、産経新聞でこのニュースを
読み、ぜひ見てみたいと思い出かけたのです。東京から、
高速道路を使って片道2時間。ちょっとした遠出でした。

このようにチョウが館内を自由に飛びまわっているのが見られる
蝶館は、全国にどのくらいあるのでしょうか。

私が知っているのは、東京、多摩動物園。外国では、米国、
ワシントンDCの動物園、ドイツのフランクフルト動物園。

蝶のサナギがこんなに美しいとは、信じられないくらいです。
12月に何百匹の蝶が乱舞するさまを見て、うっとりとしました。
幸せなひとときでしたよ。
[PR]
by tamayam2 | 2008-12-14 14:10 | 日々のできごと | Comments(19)
Commented by nick-1 at 2008-12-14 16:52
蝶が乱舞する動植物園、どこかで見た気がしますが、忘れました。
電球やLEDのイルミの代わりに蝶がとまって光っているクリスマスツリー
があったら最高ですね!!
Commented by tamayam2 at 2008-12-14 17:43
◆私の植物の”先生”であるnick-1さん、
ああ、忘れただなんて!あちこちの動植物園に行かれていますね。
ぜひ、チョウ類館があるかどうかチェックしてくださいね。ここで
取り上げたチョウたちは、特定の野草しかたべません。虫と草の
関係はとっても巧妙な駆け引きがあり面白い部分です。どうか
よろしくお願いします。
Commented by 寧夢 at 2008-12-14 21:45 x
こんなクリスマスツリー初めて! さなぎがさなぎが・・・。びっくり仰天です。でも、蝶の乱舞する中でツリーを見上げてみたいなあ。

ちなみに、今日は娘と2人で手芸教室で小さなクリスマスツリーを作りました。(刺繍) 時間があれば、後日アップしたいと思います。
Commented by aamui at 2008-12-14 23:05
あ~~思い出せない!どっかで見たのに・・・・
でもこれはすごいですね 管理する方々の努力の賜物ですね
Commented by nenemu8921 at 2008-12-15 00:10
こんばんわ。蝶のクリスマスツリーとは!!
すばらしい発想ですね!!
サンタクロースもビックリかしら(^^♪
オオゴマダラはこの夏沖縄へ行った時、あちこちで見かけましたが、
由布島植物園では金色のサナギも見ました。
さっそく、TBさせていただきました。ようやくできるようになりました(^^♪
私の体験では、ぐんま昆虫の森でも、先日行った千葉の房総パラダイスでも、オオゴマダラは飼育しているようでした。
ぐんま昆虫の森が、いちばんすばらしいと思いました。
でも、ツリーはありませんが(~_~)
Commented by tamayam2 at 2008-12-15 07:19
◆寧夢さん、
クリスマスって子どものためのものですよね。親子で作った
ツリーは、どんなでしょう。ぜひ、Blogで見せてくださいね。
Commented by tamayam2 at 2008-12-15 07:20
◆aamuiさん、
aamuiさんは、以前に沖縄の水族館にいらっしゃったでしょう?
なんとなく、沖縄方面がクサイぞ。思い出したら教えてね。
チョウと名が付けば、どこでも参上しますよ。ははは
Commented by tamayam2 at 2008-12-15 07:24
◆ nenemu8921さん、
nenemu8921さんが、沖縄のチョウを紹介されたBlogに感動
して以来、冬になったのにチョウがみたいと思っていました。TBを
ありがとう!バッチリですね。これからもどしどしお願いします。
ほう、群馬昆虫の森、房総パラダイス・・・メモメモ。確かに承りました。
ありがとうございます。
Commented by kanmyougama at 2008-12-15 09:22
クリスマスツリーに生きた蝶、さらにさなぎ、すばらしい羽ssっ層ですね。。それも生きたまま蝶が舞う・・・・最高の贅沢ですね。
全国にはあちこちあるんですね・・・南にはないですか・・・・・。
Commented by tamayam2 at 2008-12-15 10:01
◆kanmyougamaさん、
台湾旅行からお帰りなさい。いいご旅行ですねえ。我々も行って
みたい。子どものころの記憶を確かめにセンチメンタル ジャーニー
ですね。この蝶は、沖縄、九州地方のもののようです。お宅のほうで
も見られるのでは?博物館ワッチャーとしては、九州地方の蝶館を
調べなくちゃね。きっとあると思います。少々、お待ちを。
Commented by toti51 at 2008-12-15 19:44
目を疑いました^^ なんでクリスマスツリーに蝶が!
サナギ、すごいですね。 そうか、2時間もかけて見に行ってこられたんですね。 すごいだろうなぁ、何百匹もの蝶の乱舞。
Commented by credenza at 2008-12-16 00:46
蝶のツリーとは初めてみました。綺麗ですね。
蝶が飛び回る植物園ですごかったのは、マレーシアでしたが、沖縄のそれこそ水族館の近くにもありますよ。是非水族館とセットでお出かけください。
Commented by tamayam2 at 2008-12-16 10:18
◆ toti51さん、
蝶がお好きな toti51さんに、見てもらいたかったです。私は、サナギ
のことは、よく知らなかったのですが、お宅のBlogで羽化する過程を
見せていただいてから関心をもつようになりました。12月は主婦は
忙しい時ですのに・・・この酔狂なおばさんは、何をしているんでしょう
ね。来年もどうぞよろしく。
Commented by tamayam2 at 2008-12-16 10:25
◆credenzaさん、
沖縄、そしてマレーシアですね。今度行く機会がありましたら、
ぜひぜひ訪ねます。若いときには、チョウ や植物より、見物や
買い物のことばかり考えていたのでしょうね。今は、買いたいものは
なし、見たいものは、人工的なものより、自然関連です。ふふふ

Commented by papageno620 at 2008-12-17 12:19 x
井頭公園にこんなものがあったとは!
よく探鳥会で出かける場所なんです。
群馬県の桐生市(元新里村)にぐんま昆虫の森という所があります。
安藤忠雄が設計した昆虫展示館がありますが、そこなら見られると思います。
Commented by あんず at 2008-12-17 20:51 x
まぁ、なんてきれいで幻想的な☆
しかしながら、わたしにとっての蝶々は 遠くから
きれいだなと眺めるものでして・・・
娘の理科の教科書(日本のです)に「ちょうは はらから6本の足が出ている」
という文と図を見て以来、アップはやめて~~~!なのです(笑)

さなぎについている綿は、飾りつけの人の手によるものでしょうか?

スイス仏語圏にも「パピヨラマ」という蝶々園があります。
わたしは行っていないので、場所がどこだかわかりませんが
娘が学校の遠足で行き、大きい夜の蝶がすごくきれいだった と言っていました。
仏語の夜の蝶 = 蛾 です。

こけら落としのスペシャルゲストの記事、アップいたしました。
Commented at 2008-12-17 20:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2008-12-18 09:17
◆ papageno620 さん、
私が井頭公園のことを始めて耳にしたのは、おそらくpapageno
620 さんのBlogででした。家のそばの井の頭公園と字がにている
けれど、違う公園だと思ったのです。群馬昆虫の森は、他の方も
教えてくださいましたが、安藤氏の設計の建物も見てみたい
ですね。いくつ体があっても足りまっしぇんね。(笑)
Commented by tamayam2 at 2008-12-18 09:29
◆あんずさん、
パピヨンの赤ちゃんは、大人より、ずっとやわらかい肌をしています
が、あんずさんが卒倒するほどグロテスクです。私ですらうっすら
汗がにじみますから。怖いけど、面白く、美しい世界なんですよ。
ははは。スイスの「パピヨラマ 」は、フランス語圏だから、レマン湖
の辺りでしょうか。調べてみます。ありがとうございます。
<< すし と さしみ 箱根 富士屋ホテル >>