今日の切手(8):Helvetia ってどこの国?

11月も最後の週になった。外国宛てのクリスマス・プレゼントや
カードは、だいたい用意ができたので、次は、国内向け年賀状の
準備にかからなくちゃ。

今年からは、生活を本格的に老後モードに切り替えたので、
かつての仕事関係のお付き合いのご挨拶は失礼しよう。
個人的な友人は、私のたから物。
簡単でもご挨拶はしよう。
どこかで線引きをしなければならないが、なかなか、これが
むずかしい。人はこうやって、老いていくのでしょうね。

さて、昨年中にいただいた手紙類を整理し、ついでに
切手の整理をする。よく使う国内の50円や80円切手も、
寄付するところがあるので、丁寧に水につけ、のりをはがして
乾かす。

どこの国からのものかわからない外国の切手は、未整理の箱に
入れる。さぁて、Helvetia というのは、どこの国だろうか?
c0128628_1519557.jpg

知り合いからの手紙類から取った切手なのよねぇ・・・。
外国にいる友人の顔を思い浮かべてみる。
美しいトンボやチョウの絵がついているから、自然の豊かな
アフリカ? 南米地域? どこからだろう・・・?

どうもよくわからないので、Googleで調べてみました。
あっ!ドイツの隣国、スイスでした!
それなら、バーゼルやベルンの友人に違いない。

いつもは、ドイツ語で国名を Schweiz と書いていましたが、日本から
カードを出す場合は、Switzerland(英語) と書かなければ、郵便局の
人がわからないかもしれない。

スイスは、公用語が4つあるので、切手に4か国語書くわけにはいかず、
ラテン語のHelvetiaを使うのですって。
4つの公用語は、先のドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。

日本では、スイスを普通名詞のように使うが、正しくは形容詞です。
スイス ワインなどは形容詞なので、問題ないのだが、国名を指す
言葉ではないようです。

それにしても、スイスのチーズ、ワイン、クリスマスころよく食べる
レープクーヘン(Lebkuchen)という堅いスパイスたっぷりの
ビスケット、三つ編みにした白パンなど・・・・これがおいしいんです。
なつかしいスイスの味を思い出しました。

切手のトンボは、日本のシオカラトンボ、蝶は、ミドリヒョウモン
のように見えますが、なにか特殊なものなのでしょうか。
日本では、珍しくはありませんが、ヨーロッパでは珍しい部類に
入るのかもしれません。
by tamayam2 | 2008-11-27 15:32 | 日々のできごと | Comments(11)
Commented by nick-1 at 2008-11-27 21:13
へー、スイスには公用語が4つもあるのですかぁ、初耳です、それにスイスが名詞じゃないのも知らなかったですよ、まぁほとんどの日本人が
知らないと思います。
切手は私も、とりあえず郵便から切って、保存しています、結構枚数が
溜まってますが・・・・そのままです。
最近は、切手が貼られてくる郵便が少ないので余り集まらないですね。
Commented by 寧夢  at 2008-11-28 04:05 x
個人的に旅行したヨーロッパ旅行、初スイスは大学生の頃。強烈な匂いのチーズにびっくりした頃が懐かしい。(美味しかったけれど)
そうそう、確かにHelvetiaと切手にありました。(日記代わりに自分に葉書を送っていました)
夏しか知らないスイスです。ドイツやスイスのクリスマスはどんなものなのでしょう・・・。いつか訪れて見てみたいです。
Commented by credenza at 2008-11-29 01:31
久しぶりの切手シリーズですね。
子どもの頃、ご多分に漏れず集めておりました。当時父がスイスの取引先とやり取りした封筒を大量に持ち帰りまして、膨大な量のスイス切手が集まりました。なのでHelvetiaがスイスだと言うことは、スイスはSwissと書くのだ、と覚える前に覚えてしまいました。その他、日本で知られている国名と違うのではMajarなどがありましたね。随分集めましたが、まだ実家に残っています。
Commented by tamayam2 at 2008-11-29 10:35
◆ nick-1さん、
晩秋の伊那・信州の様子を興味深く拝見しております。もう初雪が
ふるころでしょうか。東京は、なんだかぬくい・・・感じで年の瀬が
近い感じがしませんね。おっしゃるとおり最近の郵便物は、レシート
が貼られてくることが多く味気ないものが多くなりました。やっぱり
切手はその国らしさをあらわしていて、いいものですのにね。
Commented by tamayam2 at 2008-11-29 10:44
◆ 寧夢さん、
夏のスイスは、アルプスの花々が咲き、絵のようでしょうね。私は、
スイスに出かけたは厳寒期のカーニヴァルの時だったり、秋だった
でしたので、寒い国の暖炉の火、ろうそくの光などが印象的に残って
います。ヨーロッパの中でEUに参加しておらず、通貨もスイスフラン
ですし・・・独立精神の強い国ですね。泊まったお宅の地下室に
シェルターがあったり、国民皆兵制度なので、息子さんの軍服姿の
写真が飾ってあったり、国防という言葉を再認識させたれた記憶
があります。
Commented by tamayam2 at 2008-11-29 11:34
◆ credenzaさん、
子供のころからご存知だったですね。すご~いお子さんです!
Majarはハンガリーでしょうか。
SUOMIというきれいな切手をだくさん出している国は
フィンランドでしたね。じつは、まだまだ国名がわからない切手が
未整理箱の中にたくさんあります。英連邦の一つらしく女王の冠
が描いてあるのですが、国名が無いのです。英国の切手には、時々
国名がありません。(七つの海を制覇した国のことを全世界が認識して
いるのはトーゼンと思っているのかしら)英国や米国の切手はあまり
面白みがなく、意外な小国が美しい切手をたくさん発行しています。
切手をテーマにしたお話、以前の教えていただいたモーリシャスの
貴重な切手の話など・・・好奇心が湧いてきますね。

Commented by credenza at 2008-11-30 00:46
英国の切手は国名が入っていません。
これは英国が郵便制度発祥の国なので、入れなくてもよい、と言うことになっているはずです。その代わり、クイーンズヘッドが必ず入っています。
多くの記念切手では、この女王のシルエットが金で押されていますが、たまーにこれが無い切手があり、エラー切手として珍重されています。こればかり集めたコレクションを見せてもらったことがあります。ちょっと趣味悪いと思うのですが(笑)。あと印刷が圧倒的に綺麗なのはリヒテンシュタインの切手です。これは本当に美しいですよ。
Commented by tamayam2 at 2008-11-30 08:54
◆credenzaさん、
国名が入っていないのがキマリなんですね。なるほど、そういう
理由があるのですか!女王の横顔ばかりで切手に関してつまらない
国と誤解していましたが、ものを知らぬとは恥ずかしいことです。
リヒテンシュタインは、切手で有名ですね。一度行ってみたいと
思いましたが、機会がありませんでした。
Commented by あんず at 2008-12-01 20:49 x
えへへ・・・よく考えてみるとわたしは、通算で6年、スイスにいました。
わたしの海外生活の中で一番長く過ごした国です(今のところ)。

Tamayamさんは、ドイツにいらっしゃった頃CHというステッカーが貼ってある
クルマを見かけたご記憶はありますか?
CH、スイスの正式名称コンフェデラシィオン ヘルベティカ(スイス連邦共和国)の略です。
切手のみならず、紙幣・小銭もヘルベティアと記されています。

ちなみに、スイス仏語圏では、Suisseと綴り、スイスと言うんですよ☆
我が家にもあったシェルターの記事をリンクさせていただきます。
Commented by あんず at 2008-12-01 21:06 x
度々すみません。
皇帝と王様の違いについて、どうもありがとうございました。
娘に説明しましたが、玉砕しました。 まだまだ難しいようです。
しかし、「違うんだな」というのが確かめられて納得したみたいです。
Commented by tamayam2 at 2008-12-02 07:35
◆あんずさん、
はい、はい、お金にCHと書いてありました。それが、Helvetia
だったのですね!隣国に行くのに両替しなくちゃならず面倒
でしたが、自主独立の国という印象を強くしました。
シェルターのお話しも平和ボケした日本では考え
られぬことです。王様と皇帝の違い・・・なかなか子供に納得の
いくような説明をするのはむずかしいですね。簡単なことでも
自分でよくわかっていないと、説明できないものですね。

スイスと違ってそちらはいまお暑いのでしょう。お元気でね!
<< ○○○が無いと、困る ひとつとなりの山 >>