ひとつとなりの山

「ひとつとなりがいい。」
という文章から始まる池内 紀氏の新書。
出版されてから1か月ほどのできたてのほやほや。この池内節がなん
とも快いのだ。
その文は、さらに続く。

「人気のある山、よく知られた山のひとつとなり。
『日本百名山』などに入っていないお山。」


c0128628_021995.jpg
ひとつとなりの山』
光文社新書 373
(2008年)

筆者は中年に
なってから、
そういう全国の
無名の山々を
登ってこられた。
グループではなく、
独りで、
自分のペースで歩く。





頂上をきわめるだけが目的ではない。
途中眼にする植物や樹木、小動物に関心を寄せ、風の音を聞き肌で
感じながら登っていく。その印象を、一歩一歩、地を踏みしめる
ような氏独自の言葉で語っている。
この方の言葉の使い方は、じつに味わい深い。
(ひそかに私の文章作法上の師と仰ぎ、氏のような
抑揚のきいた文章が書きたいものと常に思っている・・・・。)

近ごろ出かけた秋田県、乳頭温泉郷から見た乳頭山も、著書の三番目
に取り上げられていた。この本は、こんごの私の旅の方向性をきめる
大事な本になるかもしれない。
c0128628_032031.jpg

初めて池内氏の本に触れたのは、
『ドイツ町から町へ』 中公新書1670 (2002年)
私がドイツに発つ直前に友人が贈ってくれた。
あとでゆっくり読もうと引越し荷物の中に含めた。
ドイツ文学者がドイツ国内の76の小さい町と地域を選びだし、
自分なりの思い入れを語る。

私の三年間の滞在中、できるだけ、自分の足でそれらの町々を
歩いてみたいと思い、訪ねた町にはチェック印をつけた。
76のうち36にチェックがついたから、約49%の達成率。
ほとんどが、池内氏と同様、週末を利用しての独り旅だった。
土曜の早朝に出て、日曜の夜に帰宅する一泊旅行。
ドイツでは週末には鉄道やホテル料金が安くなることもあり、日本に
比べてお金のかからない旅であった。
リュックに入れたこの本がガイド役をつとめてくれたのは言うまでもない。
列車を待つ駅のホームで、広場のベンチで、
いく度この筆者の文章力にうなったかわからない。

屈指のドイツ文学者、池内氏に案内されて路地の隅々まで歩くのだから、
これほど贅沢な旅はなかろう。
写真:Herrenberg 2007年3月
by tamayam2 | 2008-11-25 00:06 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by ふく at 2008-11-25 13:27 x
ひととなり?いや違うな。読みすすんでわかりました。この感覚は山路きてとか、やはり野に置けといった自分で見つけるよさ、というものになるでしょうか。先達はと並行して足で見つけていくこと、ネットの時代ですが、ひとつひとつ確かめていくよさとでもいいましょうか。体現されているのね。
Commented by nenemu8921 at 2008-11-25 19:20
tamayamさん。池内さんですか。
週末ごとの小旅行、優雅ですね。(#^.^#)
フットワーク軽いですね!!
「毒草を食べてみた」書店で行き会えないので、アマゾン経由で届きました。
面白い!!
自然環境団体の会報に毎月本の紹介をしていますが、来月はこの本を取り上げるつもりです。\(^▽^)/
ありがとう。
今後も自然科学関係の新刊で面白いものがあったら、教えてね。

TBもありウがとうございました。メカオンチでごめんなさい。(-。-;)
Commented by tamayam2 at 2008-11-25 21:19
◆ふくさん、
平仮名なので、私も始め、え?と読み返しました。
ひとつながり?ひとつなり?
池内さんの言っている意味は、一番じゃなくて、二番手。
主役のそばにいて忘れられているような目立たない山という
ことです。人が大勢おし寄せるような名勝地は避けたい・・・と
池内さんは言っています。それは、簡単なようで意外に難しいん
ですよね。

Commented by tamayam2 at 2008-11-25 21:58
◆nenemu8921さん、
おお、来月の号で取り上げてくださるのね。池内さんの本?
それとも、毒草? いずれも私の愛読書です。その団体の
方々の反応やいかに??反響があれば、ご報告くださいね。
私は理系ではないのですが、あまりfictionは読みません。
nenemu8921さんの影響で、賢治の詩を読んだりするように
なりました。こちらこそありがとうございます。
Commented by credenza at 2008-11-25 22:42
池内さんの文章、私も昔から大好きです。ずいぶんドイツものは読ませていただきました。どういうわけかフランス語が専門になってしまいましたが・・・
それにしてもあの「ドイツ町から町へ」、49%達成とはすごいです。私など読むだけで、はなからあきらめておりました。
Commented by kanmyougama at 2008-11-26 14:17
「ドイツ町から町へ」、49%達成とはすごいです。
すばらしいですね。
本だけでも読まないと・・・・そんな気分です。

Commented by tamayam2 at 2008-11-26 17:59
◆credenzaさん、
初めてcredenzaさんのBlogにお邪魔したのは、モーゼル川沿い
の小さい町、Bernkastel-Kuesについて書かれた文を読んだとき
です。池内さんの本でも絶賛しているのです。モーゼルの宝石のような素敵な町でした。が、車なら行き易いところなのですが、
鉄道や船を利用したものですから恐ろしく時間がかかって・・・
泣きたくなりました。その経験の後では、何があっても驚かず、
ドイツの辺鄙な町に出かける度胸がすわりましたよ。ほほほ・・・
Commented by tamayam2 at 2008-11-26 18:05
◆ kanmyougamaさん、
単身赴任だったことと、ドイツでは、働くときには一心に、休暇はばっちり取って当たり前という社会風土がありましたので・・・社会的に非難され
ずにすみました(笑)日本だったら周囲から文句がでるでしょうね。
ふふふ
Commented by keicoco at 2008-11-29 11:21 x
こんにちわ、この写真を見たとたんにヘレンヴェルグだと思いました。今、私のパソコンのデスクトップ画面に入れてあるのです。教会の坂を上り家々の間から遠く平野が見える。素敵な町でした。そして池内さんのこの2冊の本も読みたいと思います。
Commented by tamayam2 at 2008-11-29 20:08
◆ keicoco さん、
keicoco さんは、今年の8月25日、26日にHerrenbergに
行かれたのですよね。
芳州先生のHPでも素敵なお写真を拝見しました。
シュットットガルトがらSバーンに乗って30分。本当に小さな町
です。人口2万。私は、まだ雪が残るこの町でセミナー出席の
ため数泊しました。
帰りがけ町の広場に寄ったら、クラフト祭りのような催しを
やって大賑わいでした。その様子を高台から撮ろうとして、
丘の上に登ったのでした。池内氏の本には出ていません。
この近くのTuebingenが出ています。
この辺り、ドイツ南部のバーデンーヴュッテンベルグ州には、
宝石のような中世の町が多いですね。
<< 今日の切手(8):Helvet... レオナード・フジタ展 >>