北国街道・海野宿にて

c0128628_13384096.jpg

六文銭と書いてある暖簾が下がっていた。そばにいた人に真田家の
家紋だと教えられた。ここ海野宿 (長野県 東御市)は、信州から
越後へ抜ける北国街道沿いに位置している。海野氏・真田氏ゆかり
の白鳥神社と旧街道の家並みの一部が今も保存されている。

写真下 民家のトタン塀に絡みついていたノブドウ(ブドウ科)
c0128628_13392477.jpg

江戸時代に、長野・善光寺へ参拝に行く老若男女が通い、
佐渡から出た金を江戸に運ぶため馬が通ったという。
何軒かの旧家の看板に家紋が記してあった。普段は、家紋など
あまり気をつけて見ないのだが、その伝統的な文様を美しいと
思った。
植物、動物、月や星などの天体、枡や鍬などの農機具、抽象的な
文様・・・日本の家紋には、日本人の美意識が凝縮されている
ように見える。
みな様のお宅の家紋は、どんな形でしょうか。
紋付の袖や背中、お墓の墓標にきっと見つかりますよ。

私の実家は九曜星、婚家先は、ねじ梅という意匠です。
両家はごく普通の庶民ですけれども、こういう家紋が伝承
されていることを、何かの機会に子供に教えておかなくちゃと
思いました。若い世代は、きっと知らないわね。


c0128628_1341795.jpg
1)結び雁
これも真田家の
家紋の一つ。
六文銭は
主に戦時中の
旗印として
使われた
そうです。















c0128628_13412623.jpg

2)のぼり藤  
c0128628_13415337.jpg

3)円に蔦 だから、蔦屋さんですね。
c0128628_13421727.jpg

4)街道沿いに小さな小川が流れ、大根などが洗えるように
数段の階段が設けられていました。水辺で細かい花びらを
こぼしていたハギ(マメ科)。先月来日したドイツ人が
ハギをいたく気に入って苗ごと持って帰りました。そういえば、
ドイツで見たことがありませんでした。秋の七草の一。
[PR]
by tamayam2 | 2008-10-27 13:44 | たび | Comments(18)
Commented by nenemu8921 at 2008-10-27 19:01
海外で生活された方は、にほんの生活の思いがけない美しいものを見つけるのに、敏感になりますね。
ノブドウ、賢治の好きなメクラブドウ、豪勢なツルですね。(*^_^*)
Commented by 寧夢  at 2008-10-27 21:25 x
昔の家には今や客間に自分の家の紋所を飾っていたりするものでしたが、最近ではそういうことも無くなりましたね。ここは田舎の都会なので、
同じ苗字・紋所の家も残っていて、屋号を使ったりしているようです。

関西は女性がお嫁に行くとき家の紋ではなくて、母親の紋を持っていくと聞きましたが本当かどうかは定かではありません。ルーツが東北ですが、お茶席の単衣紋を母方の橘で作っています。父方は五つ木瓜(もっこ)の抱き茗荷。最近は切り絵が流行っていて、紋のデザインも見直されているようです。
Commented by tamayam2 at 2008-10-28 08:52
♪ nenemu8921さん、
賢治さんがきっと好んだ野草だと思いましたよ。
メクラブドウというのですか。青や、灰色や紫などが混ざっていて
野趣あふれるブドウですね。
Commented by tamayam2 at 2008-10-28 08:56
♪ 寧夢さん、
五つ木瓜や抱き茗荷、橘・・・美しい文様ですね。お宅のは、植物系
と言えますね。(笑)切り絵で見直されているとは、いいお話です。
年とともにこういう伝統的なものに心惹かれるようになりました。ふふ
Commented by keicoco at 2008-10-28 09:53 x
おはようございます。私はノブドウの実が好きです。色彩のアレンジがなんとも言えずすてき! そしてtamayamさんの写真もすてき! やはり外国にいて日本のすばらしさを抽出できるのですね。紋章も実家にその本がありました。丸にモッコウ。主人の方はたしか鳶梅でした。ドイツも紋章がありますね。見比べると楽しいです。子どもたちに教えないといけないことです。
Commented by ふく at 2008-10-28 10:52 x
すみきりたちばな、かのえじっちょう、?扇、好きなのは四分の三開いた形の扇ですが、母方なので身につけたことはありません。かわいいのやいかついのや時代劇では印籠でおなじみですね。昔本屋さんの包装紙にあった学校の校章とか、ちっちゃい中にメッセージが込められていてながめていてあきませんね。信州では昨日のように歴史が息づいているところも多く、自然の良さと並んで私たちを引きつけるところが多いですね。
Commented by namiheiii at 2008-10-28 18:49
海野宿、一昨年行きました。ニラが種になっていたから秋だったと思いますが、残念ながらノブドウは見逃しました。豪華なものですね、驚きました。
Commented by tamayam2 at 2008-10-29 11:16
♪keicocoさん、
お宅様のBlogも拝見しております。子供の能力を引き出すお仕事、
5年目を迎えられたのですね。子どもとしっかり向き合ってくれる
大人は少ないですから、子どもたちにとっては貴重な機会でしょうね。
モッコウというのは木瓜という漢字でしょうね。ボケの花でしょうか。
ドイツの紋章はみないかついですが、それぞれにいわく因縁がある
のでしょう。聞いても理解できそうもないので、敬遠していましたが、
こんどよく見てみようっと。
Commented by tamayam2 at 2008-10-29 11:23
♪ふくさん、
橘はわかりましたが、じっちょうというのが、??です。かのえは、
庚申(さる)でしょうね。扇の紋もあでやかでいいわね。でも、こういうの
選べませんからね。昨年熊本県で細川家のお墓に行ったのですが、
実家の紋が細川ガラシャ夫人と同じと知って、なんだかうれしく
なりましたよ。山の中で、海野(うんの)宿に出会って・・・こういう
旧道はいいものだなあと思いました。
Commented by tamayam2 at 2008-10-29 11:30
♪ namiheiiiさんもいらっしゃいましたか!こういう旧道は情緒が
ありますね。
>ニラが種になっていたから・・・そういう記憶方法はいいですね。
 私も、記憶はいつも植物と結びついております(笑)先日訪れた
 鹿沢高原ではリンドウなどとともに、ニラの紫の花が見られました。
Commented by kanmyougama at 2008-10-30 09:57
北国街道筋の古式のゆかりの家々の家紋面白いですね。
真田家ゆかりの紋ですか。

秋の萩はじめ晩秋に向かう植物の風情のあること・・・・・。
野葡萄と・・・・僕の好きな山葡萄よくごっちゃに名前を使ってしまいます。
野葡萄は食べられませんが干して薬草にしているのを聞きました。

いつか「サネンバナ」の青いのを送りましたが赤くなってきました。秋の深まりを感じます。
Commented by tamayam2 at 2008-10-31 06:52
♪kanmyougamaさん、
サネンバナ(月桃)は奄美の花ですね。東京では見たことがありま
せんが、ショウガ科の植物は、なんだか元気があっていいですね。
わが庭のミョウガの葉が黄ばんできましたので、切り取りました。
もう秋~冬支度。そちらは、これからがツルの渡りですね。
お元気で!
Commented by kanmyougama at 2008-11-01 14:27
後ほどその後もサネンバナを送ります・・・もう赤くなりました。
Commented by aamui at 2008-11-02 09:14
tamayamさん 先日は温かいお言葉ありがとうございました
私の実家は蔦です 今は三つ梅(丸の中に梅の花が3個)です 野葡萄風情がありますね
Commented by tamayam2 at 2008-11-02 17:25
♪ kanmyougamaさん、
南の地方のお花、楽しみにしております。
Commented by tamayam2 at 2008-11-02 17:28
♪aamuiさん、
あなた様のお人柄に触れて、元気をいただいている人々がどんなに
多いことか・・・・。たくさんのコメントを読み涙がでました。お疲れが
でませぬように。私どもの世代は、まだ家紋をちゃんと言えるわね(笑)
Commented by aamui at 2008-11-03 10:43
私こそ皆様のおかげでありがたかったです
私は実家の紋より三つ梅のほうが気に入りましたので(デザイン的に) 留袖を作った時義母の尋ねましたら とても喜んでくれました もし気に入らない紋でしたら そうしなかったかも・・・・良い思い出になりました 
Commented by tamayam2 at 2008-11-04 07:27
♪aamuiさん、
二つの紋のうち、ディザイン的に好きなほうを選べるというのは、
とてもいいことですね。お家大事の昔だったら、いろいろ不協和音が
・・・。だんだん寒くなりますが、お元気でね。
<< 11月になりました(ハロウィン... 秋の虫と カジノキ >>