【791】黄葉や紅葉がいっぱい

あれよ、あれよという間に今日は、11月の晦日になってしまった。
  来月は、師走…。足の骨折から1年経って、やっぱり元のように万全
  ではないものの、なるべくたくさん歩くようにしている。
  スマホの万歩計で、一日の歩数の数値が出てくるので、それを見ながら
  何となく励みにしている。
c0128628_10244169.jpg

★ 新宿御苑の新宿門と大木戸門の間に散策路があって、9時~4時半の間
だれでも通行できる。玉川上水の分水が流れている。そこにある大イチョウの樹。
幹のワラを巻いてもらっていたが、もう相当の老木に違いない。

★ 24日には、東京でめずらしく雪が降った。11月に雪がふるなんて…
それでも、子供のように楽しい気分になって、近くの八幡さまに写真を撮りに
でかけた。
c0128628_10261533.jpg

c0128628_10445642.jpg


★ 29日には、池袋のお教室のO先生のご案内で、九品仏へ出かけた。
池袋からたった30分で到着。副都心線が東急大井町線に乗り入れているので、
とても便利だ。
c0128628_10271542.jpg

まぁ、ここは色とりどりの紅葉とイチョウの燃えるような黄金色で、
夢の世界!京都の紅葉は有名ですが、それに勝るともおとらず・・・
夢見ごこちで広い境内を歩き周った。
c0128628_10275241.jpg

あっ、婚礼衣装の「お嫁さん」!
今の方には、あきれられるかもしれませんが、私の子供のころは、
「将来何になりたい?」と聞かれたら、心底「お嫁さん!」と思い、そう答えて
いたのよ!

★ 22日、立教大学へ立ち寄ってから、山手線で駒込まで行き、六義園に
行った。以前、駒込で働いていたことがあり、懐かしい気持ちで町を歩いた。
c0128628_10282634.jpg

ちょうど紅葉が見ごろを迎えていて、夜間もライトアップをしているとか、
園は、にぎわっていた。紅葉はすてきだったけれども、この日、とても
印象に残ったのは、ハゼの紅色の美しさ!
c0128628_10285811.jpg

c0128628_10292686.jpg

ハゼノキ(ウルシ科)Toxicodendron succedaneum

★ こちらは、たまたま橋を渡っている人物が入り込んでしまった写真だが、
ちょうどハゼが顔を隠してくれて面白い写真になった。
c0128628_10295453.jpg

知らない人の顔などが写ってしまったとき、眼などを修正して判別できなく
するのだが、これは、たまたま偶然の産物。紅葉の写真を撮る人で、この日
はたくさんの人が歩いていた。人物を写さずに紅葉だけ撮るのは至難のわざ!

# by tamayam2 | 2016-11-30 10:30 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)

【790】11月の外出

★11月…その日の天気によっては暗い日、雨の日がある。そういう日は、
外出する気がおきない。でも、快晴の気持ちのよい日であれば、心が
そわそわ。なんとか時間をヤリクリして外に出たいと思う。

★11月21日(月)、日ごろから出不精の夫をさそって、銀座方面へ
出かけることにした。たまたま、和光で開かれている展覧会のお誘いを
受けたので。しかし、長い歩行が難しくなったおじいさんを連れ出すには
よく計画をたてねばならない。
c0128628_1012391.jpg

★四丁目から都バスに乗って築地六丁目まで。そこから徒歩で、19日に
オープンしたばかりの“築地魚河岸”へ。
http://www.tsukiji.or.jp/walk/map/
c0128628_10143183.jpg

移転に関していろいろ議論されている築地だが、庶民にとって、安全で
生きのよい魚が手に入れば、まことに喜ばしいこと。新しい“魚河岸”は、
清潔で歩きやすく、なかなか見ごたえがあった。夕飯のお魚を少々買って
私どもは、大変しあわせな気分になった。帰りは、築地から四谷まで、また
都バスに乗って。国会周辺、千鳥ヶ淵のお堀付近のイチョウ並木が美しかった。
都バスで、東京見物ができて、うれしい。
c0128628_10152446.jpg

★翌日22日(火)、池袋のお教室の後で、近くの立教大学へ。
クリスマス・ツリー用の大きなモミの木、大イチョウ、ツタの絡まる校舎
など撮影。若い人が談笑して歩く開放的な校庭は、よそ者ながら、ウキウキした
気分に浸れる。若い人たちのきびきびとした動作を見ているだけで、気持がよい。
c0128628_10155781.jpg

c0128628_10162888.jpg

★午後12時半ごろ、正面の時計台の時計の文字盤を見て出口に向かおうとしたとき、
小さなチョウがツタの壁に移動するのを認めた。
c0128628_1017256.jpg

チョウが止まるまで見守っていると、目の前のツタに止り、静かに翅を広げた。
青いメタリックな光が一瞬輝いた。あっ、ムラサキシジミの♀。
うれしかった! 11月の下旬にチョウが見られた!
c0128628_10173135.jpg

★この日、朝から東北地方を中心にM5以上の地震があり、津波情報のけたたましい
声で目覚めた。また、この日、娘の家で18年以上飼っていた愛猫Marbleが、いよいよ
歩行がかなわなくなり、飼い主の深い配慮と祈りのもとで、永遠の眠りについた。

# by tamayam2 | 2016-11-23 10:17 | 日々のできごと | Trackback | Comments(4)

【789】バタフライガーデンもそろそろ店じまい

ウチのささやかなButterfly gardenもそろそろ冬支度です。
トウワタの種類、ブッドレア(フジウツギ)山椒、スミレ、カタバミ、
ミント類が植えてあるため、こんな建て混んだ住宅街の小空間に、チョウ
が訪れてくれました。こちらは、トウワタの種。
c0128628_1374583.jpg

トウワタは、英語でMilk Weedと言います。折るとそこからミルクの
ような白い汁が出るからです。植物自体が有毒なのですが、毒素を体内に
取り込んで、鳥から補食されないように身を守っているのです。
学名:Asclepias  青い花は、Tweedia caerules
c0128628_1385274.jpg

ナガサキアゲハ
c0128628_13101926.jpg

カラスアゲハ
c0128628_13104218.jpg

ブッドレアに訪れたヒメアカタテハとモンシロチョウ
c0128628_1311388.jpg


以上は、ウチに来たチョウですが、小石川植物園で見たツマグロヒョウモンの♂。
止っているのは、キツネノマゴですが、この目立たない植物は、チョウの
お気に入りのようです。雑草と思って抜かないようにしたいものです。
c0128628_13113531.jpg

それに比べて、アフリカ原産のキツネノマゴ科の植物は、さ~すが大きい。
c0128628_1312133.jpg

都立薬用植物園で。アフリカ原産Hypoestes arostata

11月12日、久しぶりに快晴だったので、高尾山に行ってきました。
c0128628_13124051.jpg

もみじ祭りが始まったばかりとか、かなりの人出でしたが、みなさんのウキウキ感
が山に満ち満ちでいました。ガイジンさんも楽しそうに、歩いていました。
c0128628_1313669.jpg

杉の大木の間から、大都会TOKYOが展望できるのですよ。
高尾山も東京都の一部。当たり前のことですが、うれしくなりました。
東京の西のはずれにこんな自然が残されていることに感謝!
私は、骨折一周年記念登山なので、慎重にそろそろと歩きました。
c0128628_1313345.jpg

明るい森で、テングチョウを見つけてすっかり"天狗"になっているわたし!
テングチョウは、静かに私の目の前のヒイラギに枝に止り、静かに翅を広げて
くれました。テングチョウは、シジミチョウ科(タテハチョウ科)
シジミチョウより大きめ、ツマグロヒョウモンより、小さめでした。

# by tamayam2 | 2016-11-14 13:14 | 日々のできごと | Trackback | Comments(4)

【788】空白の十月ができてしまった…

私がさぼっていたため、Blogに空白の十月ができてしまった。
11月に入ってしまったが、10月に見た自然の一部を追記しておこう。
10月は、秋なのに結構気温が高く、ある時には暑いぐらいだった。
それが、ここ10日ばかりのうちに秋を通り越して急に冬になって
しまった。
c0128628_11182971.jpg

c0128628_11191245.jpg

★新宿御苑の温室で見ためずらしい花 ゴジカ、午時花と書く。
昔の時刻の呼び方に、午(うま)の刻というのがある。11時ごろから13時ごろ、
つまり、そのころに開花する水辺の植物。初めて見た。ちょうど、その時間帯に
居合わせてよかった。熱帯アジア原産 アオイ科(Or アオギリ科)
Pentapetes phoenicea

★カメムシ
色づき始めたアメリカハナミズキの葉と実を撮ろうとおもったら、
カメムシが撮れた。クサギカメムシかなぁ?
c0128628_11202510.jpg

これは、バス停でバスを待っているときだったので、i-phoneで撮影。
とっさの時、i-phoneはとても重宝する。
c0128628_11213970.jpg

もう一つのカメムシは、箱根湿性花園で。ナシカメムシかな。地面を這っていた。
ナシ農園にとってはにっくき敵かもしれない。

★10月の下旬、池袋のお教室の帰り、自然教育園に立ち寄った。
白金台に着いたころには、ポツポツと雨が降ってきた。ま、いいかと
思って入園。雨に濡れた野草はつややかで美しかった。
c0128628_1122483.jpg

紅葉しているのはハナタデ。
c0128628_11232937.jpg

チョウは見なかったが、ホシホウジャクは大活躍。特に、タイアザミには、素早く飛んできて
吸蜜していた。元気なやっちゃ!ホシホウジャクは、スズメガの仲間。
c0128628_11333548.jpg


★タデ科の仲間が秋の野を覆っていた。小雨の中色があざやかで、美しかった。
ホソバノウナギツカミ(トゲがあるからウナギでもつかめる)とか、ママコノシリヌグイ
(継子のお尻を拭いたらさぞ痛かろう)ちょっと毒を含んだ命名もあって面白い。
c0128628_11255536.jpg

この花↑は、サクラタデ。

★アザミに止ったヒョウモンチョウの写真とサクラタデは、小金井市の野川で撮影したもの。
c0128628_11382949.jpg

今まで長らく愛用していたNikonD5200 も捨てがたく使っているが、10月より
FujifilmX-T1(ミラーレス一眼レフ)を導入したので、時間が許すかぎり、試運転を繰り返して
いた。まだまだ、不明な点が多く、自分の機械になっていないが、わずかに重量が軽くなった
ので、楽だ。

# by tamayam2 | 2016-11-11 11:29 | 日々のできごと | Trackback | Comments(6)

【787】秋が深まってきました

本当に長い間、Blogをほったらかして、しばらくぶりに
会った友人から、「あなた、いつまで黒い森にいるの??」
と聞かれ、顔を赤らめたものです。
Facebookのほうは、一日一回投稿するようにしている
のですが・・・
ときどき過去の写真が必要となり、Excite Blogの検索機能を
使って過去にUpした植物を再検索することもあります。
Blogの一つの良い点は、この検索機能です。

9月の終わりから10月は、いつもチョウを追っかけていました。
ウラナミシジミというチョウに出会って感動した10月でした。
c0128628_1438822.jpg

どこにでもいるヤマトシジミかと思っていたら、
そうではなくて、上部に黒い斑点が2つあって、触覚のように見えるヒゲがある。
そこは(じつは、お尻で)鳥には、眼がついている頭部に見える。
大事な頭部が攻撃されることから身を守っている、このチョウは大変な策略家だった。
c0128628_14385077.jpg

ペンタスの花に止っていたのは、港区六本木の近くで。
c0128628_14395899.jpg

ナンテンハギに止っていたのは、小石川植物園で。マメ科の
植物が好きだそうだと本に書いてあった。このチョウを撮るために
じっとそこにたたずんでいたら、「あなた、何を撮っているの?
それ、雑草でしょう?」と言われた。確かに雑草に見える茂みだった。
c0128628_14464182.jpg

暑い日で、長時間ねばっていたので、額から汗がたらたらと流れた。

9月も10月も暑かったですね。友人のOさんに誘われて小田原の
近く、南足柄郡に出かけた。そこの林道で、クサボタンを見て感動した。
クサボタンを初めて見たのは、ドイツ、ヴュルツブルク大学の植物園で。
シーボルトの出身地なので、植物園の一隅にシーボルトの愛した花々が
植えてあった。そこで見たのだ。
クサボタン(キンポウゲ科センニンソウ属)
Clematis stans Sieb. & Zucc. 日本の植物園で見ることが少ない。
c0128628_14473229.jpg

その時、山道の崖で、ツルニンジン
俗にジイソブ、バアソブというつる草が生い茂っているのに気づいた。
c0128628_1450965.jpg

c0128628_14503140.jpg

あっ、あそこにも、ここにも!と歓声をあげて撮影した。ドライブの途中で珍しい野草をみつける私の
ために、車を止めてじっくりつきあってくださったOさんに感謝!
ツルニンジン(キキョウ科)Codonopsis lancedata

その日見た美しい花のひとつ、アケボノソウ(リンドウ科センブリ属)のことも
書いておかなければならない。Swertia bimaculata
c0128628_14511261.jpg

以前からしっかり見たいと思っていたので、本当にうれしかった。
信じられないほど、繊細なつくりの花で、この花の開花時期に居合わせた
幸せを感じることができた。

9月~10月は、天気が不順で、出かけようと思うと台風が来たり、天候が荒れたり、
なかなか外出ができなかったが、晴れている日は、なるべく自然観察の場に
足をのばすようにした。

昨日は、ハロ―ウィンとかで、世の中は、大騒ぎだった。私にとって、10月31日は
骨折一周年記念日。昨年のこの日に左足を骨折した。いま、元気に歩ける幸せを
かみしめ、これからは、無理しないようにしなくちゃ、と神妙に感じているところ
です。

# by tamayam2 | 2016-11-02 14:54 | 日々のできごと | Trackback | Comments(10)